スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事での情報交換

皆様 こんばんは。

本当に今日は寒いですね。
あんまり寒いので中国語の先生に「本当に冬らしい日ですね」と言ったら。
「冬ですからねぇ」と返され違和感を覚えたpiaopengです。
以前も、暖かい日に「春みたいに暖かい」と言ったら。
「え?冬だから寒いでしょ」と言われて、やっぱり違和感を覚えました。
日本だと天気予報などで普通に使われる言葉ですから、日本人にとっては決まり文句のように思うんですけどね。
概念の違いかな。
それとも、私の言い方が悪かったのかもしれないです。

そんなこんなの土曜日。
3月末で仕事をやめることになっている私は。
焦って職は探さないことにしています。
まぁ、これまでにもいろいろありましたけれど、結果的に収入は途切れることなくやって来れました。
でも立場がパートだったり、契約だったりで・・・所謂非正規雇用であるので。
愛社精神や帰属意識は非常に薄かったかな。
あとは、子育てや家事との兼ね合いから仕事内容にあまり文句は言える立場ではないので。
両立できる仕事だったら何でもやりますが基本的姿勢でした。

今回、タイミングを計ったかのように、仕事が切れることになりましたので、いい機会だから自分の社会の足場をちゃんと確立したいな、と考えました。
やっと子供の手も離れつつあるし。
「これが私の仕事だ」といえるものに挑戦するにはいいタイミングかな、と。
今年一年は息子の受験などもありますから、私も息子と同じように就活の年にするつもりです。

そんな感じで今年一年をやっていこうと決めたわけですが。
私の目指す仕事は中国語関係。
最初の夢は在宅翻訳でした。
今でもそれは忘れていませんが、そのほかにも中国語を使う仕事はいろいろあるということも分かってきました。
でも仕事内容って上っ面だけはいくらでも知ることが出来るけれども、ホントの内部事情ってあまり表には出てこないものだと思うんです。
でも、知りたいのは表に出てこない内部事情。
特に興味のある在宅翻訳についてはいろいろ知りたいと思っています。

どこかにそういう場は無いものかなぁ、と思って探しています。

★同じことを思っている人がいたらいいなぁ、と思い。
再開しました。↓
人気ブログランキングへ



ワーキングマザー考

皆様 こんばんは。
最近、ちょっとブログの主旨からずれてきたような・・・。
今日は「ワーキングマザー考」なるタイトルを付けてみました。

仕事の決着がついて、次に考えることと言ったら。
やっぱり次の仕事でしょう・・・(^.^)
基本的に仕事をしているのが好きなので、ちょっとは休みたい気もするけど、専業主婦になることは考えていません。
仕事に区切りをつけましょう、という話になったのはブログにアップする10日ほど前だったので。
その後、仕事と家庭のバランスについて、つらつら考えてみました。

私は結婚後、出産を区切りに仕事をやめました。
その後、子の持病が分かり。
それが落ち着いたところを見計らって、また働き始めました。
彼の成長と共に徐々に時間を延ばし、今はほぼフルタイムで働いています。

働くことは、彼が小さいときも勿論大変でした。
熱が出たと言っては休み、学校行事があれば休み・・・それはそれで大変だったのですけど。
今は別に意味で大変。
なんというか・・・・コントロールしにくくなったので。
小さかったときは、預かってくれるところさえあれば大丈夫でした。
「そこで待っててね」といえば、ちゃんと待っててくれました。
遅くなったら寂しがってくれました。
でも。
今は違います。
思春期の子は寂しがったり、羽を伸ばしたがったり・・・感情の起伏が一筋縄では行かないような気がするんです。
そういう精神的な面を、きっちり押さえておかないといけないところが難しい。
ここが思春期の子育ての「キモ」ですね。

そういう育児のキモをおろそかにしないで、なおかつ自分の腑に落ちる仕事はないものだろうか。

これが結構、悩みどころなんですよね。


非正規の悲哀。

皆様 こんばんは。
子供を持ちながら、仕事をすることに困難を覚える今日この頃。。。であります。
昨年の今頃ですが、部署移動に際しての条件がいろいろ提示され。
1年間交渉を続けた結果。
条件が折り合わず、残り半年の契約満了を区切りにお役御免と相成りました。
条件が承諾できればその後の展開も変わったのでしょう。
でも、現在の状況を考えると、到底承諾できるものではありませんでした。

そうは言っても、ちょっとほっとしたような。
会社と交渉しながら家のことを考えるのも、私にとってはかなりパワーがいることだったので。
来年は子も受験生だから家にいるのもいいかなぁ、とか。
呑気なことを思ったりしています。

半年かけてゆっくり考えるとします。
なんてったって。


・・・・不惑だし(笑)

決算時期には


皆様 こんばんは。
わが社は8月末で決算を迎えます。
決算時期というのは移動の時期でもあります。
・・・ってわけで。
ワタクシ、移動することになりました。
今までいた部署が不採算部門だったので、清算することになったのです。
同僚の中には。
自ら辞める人。
契約満了で退職する人・・・それぞれですが。
私は別の部門に移動することになりました。
今はこれまでの仕事の残務整理をしております。

部門整理が決まって半年間。
モチベーションが下がるときがあったことも否定しませんが。

こういう環境で、人はどんな行動をするのだろう。
組織はどのように事態を収めるんだろう。
この環境を第3者はどう見るんだろう。
自分はそれに対してどう思うんだろう。

・・・そんなことをいちいち確認しながらすごしてきました。
(性格悪いぞ)


幸い、私は引き続き組織に残ることが出来ましたが。
やっぱり、割り切れないものを感じます。
これまでとまったく違った役割になりましたが。
とにかく、食べていかなきゃなりません。

あっさりと「心機一転」といえるほど、単純なものではありませんけどね。
頑張ります。


会社での役割

みなさま おはようございます。
今回のスクーリングは語学研究・・・だっけな(おい)・・・でして。
古典方面は甲骨文とか金文・・・といった漢字の研究の概要を学んでおります。
現代方面は簡単な語学テキストを用いて文法のおさらいやテキストに掲載されている演習などをやっております。

家ではリポートにもぼちぼち手をつけております。
スクーリングが終わって一週間くらいしかリポートを書く時間がないんですよね。
1週間で2つのリポートとなると。
短いものとはいえコレが結構ハードなんです。
いまは頭の中でまとめている最中なので、勉強ネタは全てが終わってからまとめて書きますね。

ってわけで、現在、学業方面は脳みそフル活動中、なんですが。
それでも待っちゃくれないのが「お仕事」
お仕事方面も現在、脳みそフル活動中なんです。

私のお仕事は。
お客様からいただいたデータを加工して集計したり、うちのシステムに取り込んだりすること。
もうひとつは業務で使うデーターベースを設計して作ること。(大掛かりなものから小さいものまで)
Accessをつかって、黙々(?)とやっております。

ブログをお読みの皆様はもうご存知でしょうが。
私はプログラミングとかパソコン関係の知識は会社に入ってから得たヒヨッ子ちゃん(そんな可愛いものでもありませんが)
そのヒヨッ子が「こうだったらいいのにな」を形にしてきたのが。
現在わが社で使っているメインのファイルです。

そもそもデーターベースという考え方を学ぶより先にAccessの操作方法にのみ慣れてしまったことと。
元となるテーブル関係は前任の人が作ってあったということもあって。
けっこう無理やり作った感じがにじみ出ているのです。
そういうわけで、いろんな部分に「穴」があるのも自覚しており。
ひやひやしながら使っている・・・というのは否定できない事実(涙
あとはデータに無駄が多いなぁ・・・とも思っています。

それを上司に相談したところ。

じゃ、改良版を作って。。。との指示が。
コレをやったからといって、私のほかの仕事を他の人がやってくれるわけもありませんが。
組織で今の役割を得たからには一度は、最初っから構築ってのをやってみたかったんですよね。
それから。
仕事と中国関係の勉強って私の中では違和感なく繋がっているんです。

語学の勉強は別の人とコミュニケーションをとるため。
プログラミングはパソコンに指示を出すため。
(人よりもパソコンのほうが正・誤のフィードバックが早いのが気に入っています)
・・・考えを論理的に伝えないと正しくは伝わらない、ということをパソコンは教えてくれます。

そういうわけで大学の勉強とパソコンの勉強、私にとってはどっちも欠かせないものなので。
今回のお仕事は自分にとって、いい機会をもらったなぁ、と思うのです。

頑張るぞ。
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。