スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れた頃に送られてくる。(From中国)

★こんなものをうちの親父は作っております。(陶芸が趣味)
弟宅の犬がモデル~~♪

20070322201231.jpg


皆様 おはようございます。
引き続き書物ネタですが。
ワタクシ、欲しい本があると見境がなく購入してしまうところがございまして。

日本の書物はまだいいんです。
ちゃんと発送予定日を指定してくれるので後から確かめることも可能です。
しかし。
問題は中国語書籍。
今、取り寄せ中になっているのが一冊。
これはもう・・・かれこれひと月以上「待ち」の状態です。

以前、北京晩報を定期購読したときも、事情が分からないまま値段だけ見て「船便」にしたところ、1ヶ月遅れの北京晩報が1ヶ月分まとめて送られてきてびっくりしました。
でもね・・・こりゃ、読む気もうせる・・・ましてや中国語だし。
一年購読してて良かったことは、ただひとつ。
たまたまその年に巴金が亡くなりまして、北京晩報の特集記事が生で読めたこと・・・かな?

そういうわけでいつ手元に届くか分からないので中国書籍の場合、見つけたときに即注文・・・しても、忘れた頃に中国からの郵便が届き。
「なんだこれ?私、こんなの買ったっけ?」
・・・ということが間々あります。

前フリが長くなりましたが。
昨日も届いたんですよ。
中国から・・・ってか東方書店を経由して頼んだもの。

『巴金研究』(季刊/泉州黎明大学巴金研究所)
普通 4,725円 航空 5,460円

これは季刊の雑誌なので、中国だから遅い!って訳でもないと思いますが、びっくりしました。
いつ注文したのか全く記憶にないんですもの。
でも、巴金が届いたってことは間違いなく私が注文したものだと思います。
せっかく届いたのでぼちぼち読もうかと思います。

それもそうなんだけど、中国から雑誌を送ってもらう時にいつも思うのですが。
封筒の口が糊付けされていないんですよね。
折り返しが日本の封筒よりだいぶ大きいので、それを内側に折り込んであって、簡単には中身が出ないようになっていますが、いつか空封筒だけが届く日が来るような気がします。

でも、自分の注文したした商品について把握していないなんて危険ですよね。
他のネットショッピングの場合は良く考えてから注文するので忘れることはないのですが、本のこととなると見境がなくなってしまいます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
★しほりちゃん jitenfetiさま

これは!
なんと!
コーギーという犬種です(http://www.petoffice.co.jp/dog_corgi/index.html

いのしし・・・見えなくもないかなぁ。
彼の作品は素朴な味わいがあるので、これからも時々写真でアップしようと思います。
窯を借りている工房で売ることもあるようですよ。
2007/03/25(日) 06:13 | URL | piaopeng #-[ 編集]
いのしし
陶芸かわいい。。。
一瞬、金猪かと思いました。
2007/03/24(土) 13:01 | URL | しほり #R63KSl6.[ 編集]
お父上の陶芸
 なんという犬なんでしょうね。

 陶芸にも犬にも疎い私にとって、一言、すごいとしか言いようがないですね。


閑話休題

 焼き物は、陶磁器とも言われるぐらいで、陶器と磁器がポピュラーですね。

 あまり知られていないかもしれませんが、「セッキ」というのもあります。

 ネット上で表現するなら、「セッ器」ですが、漢字で書くなら「火偏に石」で、漢字と言いましたが、正確には和製漢字(国字)です。

 『広辞苑』などの中型の国語辞典にも普通に出ています。
2007/03/24(土) 11:10 | URL | jitenfeti #vk7Sntis[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。