スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想

皆様 おはようございます。

先日、会社でデーター整理をしておりました。
Accessのデータですから、クエリを使ったり、関数で書式を整えたり・・・その道のベテランさんに聞くと、たいしたことない、といいますが、まだその道の入り口に立ったばかりの私としては、非常に難しい。
あっちをいじればこっちでエラー。
●●件のデータは更新できないだの、貼り付けられないだの。
まぁ、手を変え、品を変え出来ない理由を表示してくれるもんです。

でね、こういうときはいろいろ妄想をめぐらせてしまうものです。
(なんせ、頭が疲れているもんで)

今回のデーター整理の目的は。
バージョンアップしたAccessファイルに載せ変えるため。
その一番の目的をクリアするついでに直せるものは直してしまおうと・・という訳です。

あの・・・この妄想、すご~い安直なんですが。
思いついたら言わずにいられないので聞いていただけます?

今『家』という作品の改訂を調べているんだけど、作品の改訂ってソフトウエアなどのバージョンアップと同じじゃないかなぁ・・・と。
何が同じか、というと・・・。

きっと作品を書き換えようという大きなきっかけや目的があって。
そのために作者は作業を開始するんだけど。
ついでに直せるものは直してしまおう・・・と言う点が。

もうかれこれ1年近く前になりますが、御大にこのように指導されました。

書き換えを見る作業は君の勉強しだいで論文のテーマが変わるから、まず見なさい。

なるほど。
御大の言いたかったことはもしかしたらこのことかも。
大きなきっかけに引きずられて行われた、ついでの作業も。
理由のひとつには違いないわけで。
そのどれにスポットを当てるかは私次第、という訳なんでしょう。

・・・ここにいたるまで、1年かかったことは生暖かい目で見てくださいね、皆さん(笑)
結局、対象に取り掛からないと実感できない、ということで御大は「まず見なさい」といって私を突き放したんでしょう。


はてさてこの「妄想」
あたっているかどうかは・・・・どうだろ?



関連記事
スポンサーサイト
コメント
★jitenfetiさま

なるほど・・・ありがとうございました。
じゃ、私が見たのはまだ、その文字が作られたばかりの書物だったのですね。
いつも、補足をしてくださってありがとうございます。
2007/02/27(火) 12:30 | URL | piaopeng #-[ 編集]
ハングル
 ハングルは、意外に古いというか、その字はあったのですが、ハングルという名前ではなく訓民正音(くんみんせいおん)とか諺文(おんもん)と呼ばれていました。

 15世紀に国王が作ったのですが、守旧派に反対され普及せず、下級民の文字としてさげすまれていました。

 それをハングル(偉大なる文字の意)と名づけて復活させたのです。

 朝鮮製漢字には、ハングルを含むものが多くあります。
2007/02/26(月) 20:54 | URL | jitenfeti #vk7Sntis[ 編集]
★akiさん

おかえりなさ~い・・・っていうのもおかしいですかね?(笑)
そうそう、ブログの記事にもしたのですが、蓬左文庫で
『朝鮮古活字本 内訓」(1573年)を見ました。
その活字は1455年に作られたんですって。
でね、私としては非常に驚いたのですが、そのときにはすでにハングルがあったのですね。
ハングルって、意外と歴史が古かったんだ~・・・。知らんかったわ。
2007/02/26(月) 05:03 | URL | piaopeng #-[ 編集]
おひさしぶりです
昨日中国に戻ってきました。

またブログ再開しますのでよろしくお願いします。
2007/02/25(日) 22:33 | URL | aki #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。