巴金記念館の講演会に参加しました。

週末は東京。
一橋大学で行われた周立民氏講演会「中国現代作家博物館建設和運営現状ー以巴金故居為例」(中国近代作家博物館の創建と運営の現状―巴金旧宅記念館を例に」)に参加しました。

中国語での講演でしたが、主催された坂井先生が通訳をしてくださったので細かな内容まで拾うことができました。
巴金は2005年になくなったのですが、彼の上海の故居に手を入れて記念館として公開されています。
現在の記念館の運営状況と今後の展望、他の文学者の記念館などとの比較を交えて、話を聞きました。

巴金に限っていえば、彼は博物館の設立に大きな関心を持っていたとのこと。
彼が自分の柱としていた二つの博物館、「中国現代文学館」と「文革記念館」
中国現代文学館は完成しましたが(北京)文革記念館はいまだ設立されていません。

この関心は自分自身の資料の保管ということにも向けられ、領収書の一枚もおろそかにせず、手書き原稿、手紙など、ありとあらゆるものを保管していたので、それら資料の整理。そして彼の足跡や功績をまとめて、今後伝えていく役目もあるので、コンテンツの充実を記念館の二つの役割としてあげておられました。

ワタシは中国で見た記念館的なものは老舎の故居ですが、老舎が住んだ四合院に彼の私物を並べて、年表なんかがあった程度。
日本で同じ規模かなぁ、と思われるのは正岡子規の「子規庵」
イメージとしては展示して終わり、という感じです。
巴金の記念館は行ったことがないですが、スライドの写真や話を聞いた限りではそれと一線を画している印象。
たぶん、目指すところが違うのでしょう。
どちらが良い、というわけではありません。

あと、ちょっと疑問に思ったのは入場料の件。
今は国からの補助が受けられているのでやりたいことがやれている、ということでした。
でも、あくまで一般論ですが、お金ってもらっちゃったら、もれなく口出しされるような気がするので、うーん・・・という感想を持ちました。
確かに自前の入場料収入を柱にすると啓蒙活動とは別に営業活動というのも仕事に入ってくるので時間の制約なんか考えると、やっぱり正解なのかな、とも思います。
このあたりはワタシの感覚が大いに影響しているので、まぁ深く考えないでいいのかもしれません。

この講演会の後、先生と演者の周先生、院生の方お二人と食事をご一緒させていただきました。
もうね、会話は追っかけても追っかけても振り落とされる、という感覚。
途中でご飯に意識が行ったらそれでアウト。
わからない言葉にふと気を取られるとアウト、の連続。
聞き取れないのを前のめりになって追うものだから、途中で頭がつかれちゃって、ぼーっとなりました。
なにかしゃべれば?といわれても日本語でも口を挟めないくらいの速度で、ほんとうにやられました。

でも、すごーくよくわかった事がありました。
まず、おしゃべりはリズムだということ。
もともとワタシのしゃべりは日本語でもモタモタしているのですが、あのスピードとリズムに乗っからないと聞きたいことが聞き出せない(コミュニケーションという意味で)
リズムに乗っているときは、すごーく楽しそうだし会話の情報量も違うように思えました。
自分が(比較の問題なのですが)多少中国語の会話が出来るとしても、自分の狙った情報を聞き出すだけの能力はありません。なーんか綺麗事だけで終わる会話といったら良いのでしょうか。

それから、語学は自分の物にするのが大事ということ。
もちろん、正しく通じる中国語がマスターされている、という前提なのですが、自分の言葉で話す・・・なんだか母語でも難しそうですが、そうしないとコミュニケーションの取れる中国語とはいえないような気がしました。
で、語学を使って何かする、というのは、これくらいは出来ないといけないのだなぁと思いました。

さて、振りかえって私の今後ですが。
非常に難しいと言わざるを得ません。
こういうのはすごくおこがましいのですが、「プロってすげえ」(坂井先生、気を悪くされませんように)
中国語が上手で、もちろん仕事にしている人ともある程度かかわってきたつもりでしたが、こんな会話、聞いた事がありませんでした。
なんか、すごいもの見ちゃった。どうしよう。
ワタシもこうなりたいけど、今の環境ではたぶん無理。天井見えてますもん。
ちょっとやそっと勉強量増やしたところで、どうこうなるレベルではないし。
これは今後の課題・・・というか、どの程度まで近づけるか、という感じです。
具体策は・・・八方ふさがりで今のところ、どうもこうもありません。

先生方も院生の方も、あわあわしながら参加している私を気遣ってくださいました。
言葉もたどたどしい上に、知識・教養という点でもはるかに劣るワタシのことを笑いもせずに接してくださったのがうれしく、気持ちよく参加させていただきました。
ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード