1942

今日は映画鑑賞でした。

电影《一九四二》高清完整版

1942年の中国河南省で起こった飢餓を描いたものです。
この映画の監督はフォン・シャオガン(馮小剛)。
作品の原作と出会ってから18年かけてようやく完成させた映画とのこと。

その飢餓に対してアメリカ人ジャーナリストの視点、当時の為政者であった蒋介石の姿勢を絡めつつ、飢餓から逃れようと大移動をする人々(3000万人!)の有様が描かれています。

飢餓から逃れるために主人公家族は一家でふるさとを離れるのですが、移動中に家族のすべてが離散、死亡してしまいます。
最終的に主人公はどうせ死ぬならふるさとに帰ろう、と一人で逆戻りするところで終わります。
最後の最後で同じように家族を亡くして独りぼっちになった女の子と共にふるさとへ歩みを進める、新しい家族を作るというエピソードがあるので「再生」という光が見えなくも無い・・・これが全編の中で唯一の救い。
本当に極限状態の人間を丹念に描いているので、見ていて本当につらくなる作品でした。

ワタシが見たのはユーチューブですが、中国語字幕付きだったので、細かいニュアンスまでは拾えたかどうか分かりませんが、ストーリーを追うのは比較的容易で、まぁ史実にもあることなので分かりやすかったです。
中国語に関して言えば、発音が普通語とはちょっと違っている気がしました。
方言でしょうか?ピンインはそうでもないのですが、四声が多少違って聞こえました。
それから「娘(ニャン)」という呼びかけがとても多く、それぞれ意味が違うように思えました。
「娘」はお母さんの意味もあるし、家族の世代間での呼びかけだったりするし、奥さんのことも。
今、文芸翻訳でやっている教材にも「娘」が出てきて、その時は「奥さん」の意味でした。
この「娘」は場面場面で誰を指すのかと思い、家族構成が(ワタシの理解力のなさもあって)良く分からない。
最後まで正しく理解していたかどうか(笑)
多分、こんなもん・・・と推測で理解しました。

「娘」に対応するのは「爹(ディエ:お父さん)」
最後に孤児になった女の子に「爹(ディエ)と呼んで。そうしたら一緒に行こう」と言い、女の子が「爹(ディエ)」と応えて一緒に歩き出すところで終わります。

久し振りに見た映画がめちゃくちゃ重かった。もうちょっと軽い娯楽映画にすればよかった。
その後で見つけた「Lovers(十面埋伏)」ちらっと見たけど金城武君かっこよかった。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード