スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年11月17日研究会参加

11月18日、研究会に参加してきました。
吉田富夫先生の講演の覚書。

1997年3月16日 初めて莫言と会う。(北京)
大きい男と言う印象。
賈平凹の「廃都」(吉田先生訳)を渡して自己紹介する。
この作品を渡したのには狙いが有り、莫言にとっては意識している作家の一人であるとの思いから。
豊乳肥臀の版権をゆずってもらう。

1998年3月16日 西安に入り、20日~22日に莫言の故郷であり作品の舞台でもある高密県訪問。
1998年9月3~4日 莫言と会う。あわせて、史鉄生(1951年1月4日 - 2010年12月31日)とも会う。

1999年 豊乳肥臀出版。翻訳にあたって、原文にはない解説を挿入する。
     →章立ても新たに入れる。(翻訳に苦心した点)
    【私の翻訳でもこの点は共通して使った。翻訳に当たって、どの程度原文に沿うのか、補足は何処まで許      されるのか、ということについて一つの答えであると考える】

吉田先生は莫言その人(?)もしくは作品と自分の人生が重なって見えたといわれた。→自分にしか出来ない訳。
方言については吉田先生の言葉となっている広島弁を適度に入れるスタイルにした。(その後の作品も)
【方言の訳し方についても私には迷いが多く、この点については翻訳作品の「訳者あとがき」などで触れていれば、気をつけて見るようにしている】

京都に呼び、講演を企画する。
『世界 2000.1』
高密県にあるすべての物が題材になる。(モネの睡蓮と同じ)

★余談
「幸福時光」(至福の時)を出版するに当たって、日本語訳のために手書きの序文を依頼。
原稿用紙の余白に「あなたの言いつけにしたがって、これを書きました。私が大作家になったら、これは文物になるでしょう」という冗談が書き留めてある。
執筆のスピードは非常に速いらしい。

莫言の作品のテーマの推移。
発想:酒国【翻訳:藤井省三】
一族:豊乳肥臀【翻訳:吉田富夫】お母さんがモデル
作品として:白檀の刑【翻訳:吉田富夫】7・5調で訳す。「茅盾文学賞」にはノミネートすらされていない。

四十一炮(2003)独白の手法
生死疲労(2006)【邦題:転生夢現】1950~現代中国の比喩。旧小説の仕立て。講談調に訳す。
蛙は大陸出版前に邦訳を依頼された。


・・・・以上
関連記事
スポンサーサイト
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/12/22(木) 23:40 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。