スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋文庫 辛亥革命100周年記念展示

東洋文庫で辛亥革命100周年記念展示ををみてきました。

展示品はそのほとんどが宮崎家所蔵の品。
宮崎家といえば、宮崎滔天(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%BB%94%E5%A4%A9)が有名で、将に彼と辛亥革命の立役者たち所縁の品々でした。

ちょっと前までジャッキー・チェンが主役をしていた「1991」という映画がありました。
ジャッキーが扮した黄興の書とか、孫文との筆談の残稿、蒋介石の手紙、毛沢東の手紙などが展示してありました。

この時期の宮崎家は宮崎滔天と宮崎竜介の代ですが、宮崎竜介は柳原白蓮との結婚が有名だと思います。
(ご興味のある方は林真理子の「白蓮れんれん」をお読みください)
私は「白蓮れんれん」を読んだのが先立ったので、竜介のお父さんの宮崎滔天か・・・という印象がありました。

それはさておき、清末の有名人蒋介石・李大・毛沢東・孫文の直筆が見られましたが、それぞれに特徴的でした。
先ず、蒋介石。
かれは非常に繊細な文字でした。綺麗な楷書で「明朝体」という感じ。
文字からみると、ちょっと神経質そうな印象でした。

李大は、すごく力強い文字でした。伸びやかでおおらかな感じ。

そして毛沢東。
彼は少し丸っこい字のように見えました。
男手としては角々しくなく、やわらかい印象を受けました。

また孫文と宮崎滔天の筆談は紙を自分達の目の前に横に置き、両側からお互い書いていたことが伺えます。
こう言うのをみると、その場が想像されて面白かった。

ちょうどこの展示がやっているのをこちらのブログ(http://ancientchina.blog74.fc2.com/blog-entry-427.html)で知り、行ってみました。
東洋文庫は古中様が紹介されているように、本好きにとっては、たまらない展示品が多かったです。

これ以外に面白かったのは史記の原本の展示。
かつて習った「ヲコト点」(字の周りに点などの符号をつけることによって、その符号の位置で助詞や助動詞など訓読の補助にする。)も書いてあるので、「このように読んだのか」と想像をめぐらすことが出来ます。
また、ここの学芸員さんが良い仕事をしていて、展示品についている説明文が非常に分かりやすく、私のような素人にも興味をもってみられるように工夫がしてあります。
しかも分かりやすい。
案内をしてくれるのも、学生さんなのかな・・・。とても親切で良かったです。

施設も綺麗で、四庫全書のレプリカが展示してあるところは吹き抜けで書棚があり、壮観でした。
こう言うところの仕事がしたかった・・・。
大学生のときは司書になるのが夢でしたから。

そんなことを思いつつ、たっぷり1時間以上(そんなに広くは無いですが)参観できました。

写真が撮れたので、また後日アップします。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
★古中さま

なかなか来られるところではないので、あちこちウロウロしてしまいました(笑)あそこは日当たりが良かったので、いすに座って雰囲気を楽しんだり。
ただ、絵心は無いのか、浮世絵はさらっと・・・でした。
2011/12/27(火) 21:40 | URL | piaopeng #-[ 編集]
こんにちは
遅ればせながら、ブログを拝見しに来ました。東洋文庫ミュージアムで1時間以上も参観されたとはすごいですねぇ。私は40分くらいで終わってしまいました(笑)。
2011/12/26(月) 12:37 | URL | 古中 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。