スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語集作り

自前の単語帳が欲しいのですが、どうしようとツラツラ考えていました。

① ノートに手書き
② パソコンで管理(自分でつくる)
③ フリーソフトでよさげなのを探す。

選択肢はこの3つだったのですが、ノートに手書き、というのは早々に頓挫。
フリーソフトも途中で探すのすら嫌になり、自分で作ることにしました。

Excelだと見難いし、こういうのはやっぱりAccessだろうと思い、作るのが嫌にならない程度の簡単なものを作ることにしました。

用語集なので、単語をためるテーブルがひとつ。
辞書の凡例にあった品詞・分野・フレーズ(成語、ことわざ等)・使われた時代も重要なのでこれらをコード化して入れられるようにして、将来は抽出条件にします。

中日なのでピンインを入れるフィールドもつくりました。
通常、「発音+四声」であらわすのですが、四声は入れようかどうか迷い中。
ピンインも抽出条件にしようと思うのですが、あいまい検索で抽出しようとおもうので、途中で四声の数字が入ると抽出するときに邪魔にならないかなぁ、と。
電子辞書でも、通常はピンインだけで抽出して四声の区別は面倒だから使ってないことが多いです。
でも四声が入っていたほうが、勉強には使いやすいし。

意味は調べたり自分で感じたニュアンスも含めて記入。
例文はその単語が使われた文章をそのまま使います。
辞書のものを転記するのでは意味が無いので。
そのほかフリースペースも最大限で作りました。
フィールドサイズは最大で225(半角)ですから110文字(全角)は入力できます。
一度登録した単語も編集できるようにして、なるべく沢山の内容を記入したいと思います。

あとはIDをオートナンバーだと連番が抜けることがあるので、テキスト形式にしてフォームを開いたときに次の番号がふれるようにちょっとした細工をしました。

入力支援は凡例を基にした区別のコードで一番オーソドックスなのを規定値にしてあらかじめ入れておくことにしました。
これでコードが抜けて抽出条件から外れることは無いと思います。
あとはタブオーダー。
テーブル自体が単純だから素直に設定しました。

それから、新語は特に辞書に無いことが多いので、チェックボックスにチェックを入れて区別します。
初回入力した日も規定値で入りますので、新語のチェックがついていても入力日から数年が経ったものはチェックを外したりするメンテナンスが出来たらいいなぁ、と思います。

まだ入力フォームしか作ってないので、単語がたまっていったら抽出して閲覧する画面を作りたいと思います。
これはある程度、データがたまらないとやる気がでない(笑)

その後どうなるかは私の勉強次第です。

【2011・12・10追記】

フィールド、英語欄を追加しました。技術系は英語から意味をとることもあるので。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。