スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳課題を通して(中→日)

改めて翻訳会社の翻訳者養成課程を受講しています。
そんなに沢山の課題が出るわけではないので、あまり追いまくられること無く出来ています。。

今回書きたいのは中→日への翻訳。
私は日本語ネイティブなので、やっぱり日訳のほうが楽だろうなぁ、と思っていたのですが、これがナカナカ難しい。
まず日本語と中国語の習慣の違いによるもの。
詳しいけど簡潔に書くのが中国語、言わずもがなのことは書かないけれど、一文の長い日本語。
あと中国語の言葉をそのまま使うとすごく大げさな表現になってしまうので、少し抑え気味に表現したほうが良いとか、いろいろあります。
また自分の中で「これは略してもいいだろう」というのが、添削で「これは抜かないほうがよい」と書かれていたりして先生の意向と自分の意見が違うことに戸惑ったりもしています。

あとは言葉に対する感覚とか。
自分は普通に用いる言葉を「この意味ではあまり使わないでしょう」といわれてしまうこともあります。
そういう時は辞書で調べて、自分の意見のほうが正しければ自分の中で訂正しないで置けばよいのですが、やはり評価は人が下すもの。
もし仕事としてやっていくのであれば、読み手の意見は大事なことで独りよがりも困ります。
そのあたりのさじ加減が非常に難しく、どこまで自分の持ち味を考えたらよいのかという漠然とした悩みになります。

母国語というのは、普段何気なく使っているだけに却って難しいものがあります。
また、言葉のバックグラウンドは人によって違うので、いわゆる「標準」というのは知っていたほうが良いのではと考えています。
この規定を何処におくのかがまた難しいんですけど。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。