スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧米古典詩 新訳に新味(日経11/12 文化欄)

11月12日の日本経済新聞 文化面に『欧米古典詩 新訳に新味』という記事がありました。
翻訳に興味があるので、これまでも「新訳」というテーマで書いました。

★ 魯迅の新訳 (http://piaopeng.blog48.fc2.com/blog-entry-314.html)
★ これもブームなんでしょうか (http://piaopeng.blog48.fc2.com/blog-entry-203.html)
★ 役書で味わう名著 (http://piaopeng.blog48.fc2.com/blog-entry-198.html)
★ 新訳 (http://piaopeng.blog48.fc2.com/blog-entry-9.html)

今回は「詩」ですが、特徴は

●違和感をなくす。
「一般読者が普通の詩集として読んで違和感がないものを目指した」
●原文に忠実にする
「余分な言葉を加えず、むしろ削っていくことでオリジナルに近いものにしてゆく」

あとは言葉のリズム感・・・これは小説でも大切でしょうけど、詩だったらなおさらでしょう。

それらを大切にして新訳を進めた結果、日本語文学にも良い影響を与えると記事は結んでいました。
翻訳の作業だとなおさら日本語の美しさだとかを再認識する契機になる、と書かれていました。
たしかに、改めて訳するときに以前訳されたものは意識すると思います。
そこでより現代的で今の読者に合う日本語や文体が選ばれるんだと思います。
たしかに名著と言われるものはいろんな人がその世界観を出そうと考え、翻訳が沢山出ていますし。
もともとからある自然なながれかもしれません。

私も最近、翻訳を勉強しなおしていて思うんですけど、翻訳にも流行があるなぁ、と考えます。
10年くらい前、同じところで習っていたときは、日本語訳はどちらかといったら正確さを求められました。
でも、今は正確さもさることながらどちらか言ったら読みやすさを重視されている気がします。
リライトでは、大胆な修正をして(もちろん意味が変るようなことはいけませんが)と言われます。
文章は読ませてナンボ、というような。
講師は当時と違う人ですが、翻訳会社が主催している講座なので現場で求められることをある程度取り入れているのではないかと思いますので、これも時代の流れなのかなぁと受け入れています。

最後に日経の記事は非常に綺麗にまとめていました。

「優れた翻訳を通じ、古典が同年代の『現代文学』になることもある。過去の名著は残す必要があるが、現代の状況を踏まえた新たな訳を世に問う意義はあるだろう」

私は・・・これは完全に妄想の域なんですけど、今ほどには外国語に接しなれていない人が乏しい辞書の中で一生懸命に考えた訳は今から見れば古臭いかもしれませんけれど、当時の最先端であったことは間違いないので、そのことが軽んじられるようなことにはならないで欲しいなぁと今は思います。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。