???で本を購入してみました【届きました】

かねてから、チャレンジしていたアマゾンでの本購入。
注文がとおったことで喜びもありましたが、手元に届くまでは安心できず、何度も貨物追跡履歴をチェックして到着を待っておりました。

荷物はユーピーエス(http://www.ups.com/asia/jp/jpnindex.html)という輸送会社が請け負っていました。
それによると、北京を出た荷物は上海にとび、さらに中国国内の一箇所を経由して、韓国はインチョン空港へ。
それから大阪に入って我が家へ、という旅行だったら最高!というルートを通ってやってまいりました。

実は先週の金曜日には我が家に届けてくれていたようですが、あいにく不在。
ポストに入っていた不在者票には次にくるのは月曜日、と記されていました。
宅急便だったら、連絡したら希望の時間に届けてくれるのに、とちょっとびっくりしました。

でも、そこはよくしたもので残されていた不在者票に次回も不在の場合はどうすればよいかを指示する欄がありました。
今回の荷物はポストに入る程度でしたので、ポストに入れるの欄にチェックをつけ、念のため「ポストに入らない場合は玄関先に置いておいてください」とも書き添えました。

帰ったらポストに荷物が入れられ、改めて不在者票も添えられていました。
備考欄に「郵便受けに入れさせていただきました」というメモも添えられていました。

本は簡単な緩衝材に包まれ、ビニールの運送会社指定の袋に入れられていました。
納品書を見ると、書籍代26.60元と郵送費170元が請求されていました。
クレジットの明細を見ると、そのときのレートで12円/元くらいで日本円に換算されて請求が入っていました。

送料が半端なく高いですが、日本の取次ぎの本屋さんに頼むより断然早いですし、日本円に換算して、今回は1冊2400円程度。
値段的にもあまり変らないように思います。
アマゾンなので、選びやすいですし、比較的良い買い物ができたと思います。

その後、アマゾンからはダイレクトメールが頻繁に届きます。
今、日本で中高生が好んで読んでいるライトノベル(アニメの原作にもなっている)も中国語に翻訳されて売られているのを発見。
そのリンクを開いて息子に見せたら、興味深く覗き込んできました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード