スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼び出し

月曜日のことですが。
息子の校則違反が5回たまったとのことで、学校から呼び出しを受けました。
学年主任の先生から訓話を頂き、担任の先生と話しました。

さすがの息子も、学年主任の先生が話されている間は、服装を改めて背筋を伸ばして聞いていました。
だけど、主任の先生が部屋を出たとたん、「先生(担任のこと)~、疲れた。もうネクタイ緩めていい?」
たぶん、学校で先生方の役割分担がされているのでしょう。
担任の先生は、「まぁ、これで説教は終わりだからいいぞ」という具合。
息子も担任の先生のことは信頼しているようでした。

今回、二人の先生の話を聞いて思ったのは。
先ほども書きましたが、先生の立場での役割分担ができていると言うこと、
社会に出たら子供の価値観は通用しないということ、

・・・正直言って私が高校の時には教えられなかった社会のことをしっかり話してくれました。
先生方の生徒に対する対応を見ていると私も勉強になります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。