スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとびとの墓碑銘

副題が「文革犠牲者の追悼と中国文芸界のある状況」とあるとおり、文化大革命時に犠牲になった知識人の追悼文・回想文を主に集めた本を読みました。

『ひとびとの墓碑銘』(竹内実 村田茂/編 財団法人霞山会/発行 1983年)

当代・現代文学を中心に見ていると文化大革命は多かれ少なかれ関わりがあるものです。
ですから、文化国関係することは意識的に目を通すようにしています。
それに加えて巴金の文章が翻訳されて取り上げられていたので借りてきました。

巴金は自著である《家》で書いたことが自分自身の身に降りかかろうとは思いもしなかった、と書いていました。
その気持ちは私にはちょっと想像することができません。
《随想録》をやろうと思ったときに、私には手におえない、とたしなめてくださった先生の言葉が思い出されました。
それと同時に彼にとって《家》と言う作品がどれほど大きいものだったのか、とも思われます。

それから、竹内先生が書いていらっしゃったのですが、作品と作者の関係について。

「作者と作品の関係も、
 作者 ━ 作品 というふうに成立しているのではなく、
 作者 ━ 検閲a ━ 作品(書かれた作品)━ 検閲b ━ 作品(発表された作品)
というようになっているのだ、とおもわれる。」

と書いておられます。
私は書き換えをやりますので、このようなことに非常に興味があります。

ここで言われる「検閲a」は作者本人の自己検閲、「検閲b」は制度的なもの、と位置づけています。
「検閲b」は言論の自由にかかわるものなので、言うに及ばずですが、「検閲a」は中国の文学者にかかわらずあるものなのではないかな、と思います。
意識するかどうかは別ですけれど。
ただ、竹内先生は
「今の中国は(中略)検閲bを強化するのは回避したい。そこで、検閲aを強化することを意図しているのであろう。」
とおっしゃっています。
それが事実であるならばこの本が書かれた1980年当時の中国政府はなんとしたたかだったのでしょう。

竹内先生からもうすこし最近の中国についての発言がないかが気にかかります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。