中国言語文化研究会(於:佛教大学)

今日は研究会があって2年ぶりの京都でした。
研究会のお題はは
1.宋代の生産力水準
2.民族観光を通してみる中国
3.在外研修報告(中国・上海・復旦大学)

この3つでした。

1.は東洋史学科の大学院生のかたの発表でした。
宋代の長江下流の稲作の生産力について高校の教科書の見解をベースにして認識の変化を考察したものでした。

2.は大学の講師の先生が母校である東北大学で行っていた研究の一部の発表でした。
少数民族の文化を観光化したことのメリット・デメリットについての考察でした。
私は日本の観光地との比較はどうなのかな、と思いました。
先生が取り上げられたのはハニ族の文化についてでしたが、集落の家を伝統的なものに改築させたり、行事を観光客に見せたり・・・日本で言ったら、白川郷などは成り立ちは違っても似たような問題点があるのではないかと思いました。

3.は昨年度1年間上海の復旦大学に留学されていた本学の先生の留学報告でした。
先生は戊戌変法維新の時代がご専門ですから、その時代の資料の現地調査と中国各地にある関係する人物所縁の地を訪ねたことの発表でした。

久しぶりの研究会でしたが非常に楽しむことができました。
御大は相変わらずお元気で、活発な議論を展開していらっしゃいました。
そして地に足の着いた・・・実体験に基づいた調査を重要視されていらっしゃいました。
史学科の院生の方は中国文学の研究会にあって新鮮さがありました。
また、観光の研究を発表された先生の内容も文学や言語学に慣れたものにとっては、とても新鮮でした。

2年ぶりの大学でしたが、覚えていてくださった先生もいらっしゃって・・・怠け者の学生である私は身が縮む思いがしました。
でも、思い切って行ってみてよかったです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード