スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ

今週も始まりました。11日から始まったワールドカップですが、我が家のサッカー小僧はTVに釘付けになっています。
しかし私が注目しているのはオーストラリアの砂漠に着陸した「はやぶさ」のカプセルです。
7年間かけて「イトカワ」との間を往復し、間違うことなく地球に帰ってきたという事実だけをみてもこれは相当すごいことだと思います。
トラブル続きで満身創痍、技術者のかたは、よくぞあきらめなかったなぁ、と思うのです。

このニュースを聞いて思い出したのが、ボイジャー計画(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E8%A8%88%E7%94%BB)。
当時、小学生だった私は教科書・・・たしか国語だったと思うのですが・・・で習った覚えがあります。
太陽系の衛星などを観測し、そのあと太陽系を飛び出し、はるか宇宙のかなたの生命体に地球のレコードや絵を届ける、という内容に幼心にロマンを感じたものです。

・・・そう、ボイジャーはロマンです。
地球から旅立った宇宙船がいくつかの偶然を経て地球以外の生命体の手に渡り、また地球に帰ってくる。
でも「はやぶさ」はロマンとはちょっと違う気がします。
不測の事態にも冷静に対処した技術力や、考えうる限りのトラブルを予測した人間の頭脳がこの成功をもたらしたのだと思います。

ニュースで「はやぶさ」が大気圏に突入して燃え尽きる様子を見ました。
言葉にならない感動でした。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。