スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何か不思議な学校生活

お久しぶりです。今日は包丁で左手中指を切ってしまい、何をするにも不便不便。
息子に絆創膏を貼ってもらって何とかしのいでいます。
いまだに血が止まりません・・・。

さて、2週間コンスタントに通っていた学校ですが、とうとう本日リタイアした息子。
朝からつかれた~、頭が痛い・・・と訴え続けて結局休みました。
熱もないし、多分たるかったんだろうなと言う感じです。
私もこの展開にはすでにうんざりしているので、学校にも正直に申告。
「疲れたから休むっていってます」・・・電話の向こうで先生(担任ではない)が「か・・・かぜですね」と訂正してくれました。
当然、機嫌の悪い息子は
「あることないことぺらぺら話しやがって。もう母さんには話さない」と捨て台詞を吐いて部屋に閉じこもってしまいました。
しかし私はこんな甘ったれにかまっている暇はなく・・・仕事にダッシュで出かけました。

夕方、帰ると「メシなぁに?」と息子。
「頭の痛い人が食べられるのか?」と聞くと「寝たら治った」と。
都合のいい頭痛だな、と思いながら夕食を作るといつも以上によく食べ、取り留めのないことを話しました。
そこへ、学校の友達から電話。

「おまえ、サボりだろ」と言われているらしく、笑いながら否定していました。
そして「明日は絶対来いよ」と念を押されてました。

・・・息子の性格は私とぜんぜん違います。私はどちらか言ったら、優等生タイプ(勉強はできない)
他人の考えることが気になったりするタイプでした。
息子は反対に自分に正直なタイプ。
よい悪いは別として、私にしてみれば友達に「さぼっただろ?」と言われたら(そうだとしても)激しく否定する高校生でした。
今でも、そういう要素は残っていると思います。
だから息子の考えていることが分からない・・・もしくは、許せないと思うことも。

4月から3回も休んでいるので、私としては「登校拒否か」「引きこもり予備軍か」と思うところですが、もう少し彼のすることを見守ってみようと思います。
多分、私が思うよりも息子は馬鹿ではないように思うからです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。