開明書店版 家

今週のお休みに発掘作業などをしていましたが、論文の参考文献から興味本位で家の初版を探していました。
正直、手に入れてどうしようとかそういうことはあまり考えていなかったのですが、
鶴本書店(http://turumoto.koshoten.net/catalog/index.php)にたどり着き。
ある《家》を見つけました。
てっきりそれが開明書店版だと思って問い合わせのMailをしたところ、目的のものではないという返事・・・でしたが、
返信のなかに、

『巴金選集(新文學選集第二期)家は収録されておりませんでしたが開明書店版 『家』の在庫がございました。
表紙背の傷み紙の変色など かなり傷んでおります。』

価格をみるとそんなに高額ではなかったので、これまた興味本位で購入しました。

てっきり開明書店版を定本としたものを収録した作品集の端本かと思っていたのですが、本当の本当に開明書店から発行されたものが送られてきて、ちょっと驚きです。
御大から開明書店版のコピーを見せてもらったとき、
「多分、もう手に入らないと思うから」と貸していただいた、といういきさつがあったので
開けてみた時にはドキドキしてしまいました。


厳密に言うと、御大のものは

『民国22年5月初版発行 27年1月修正1版発行』・・・とありました。

今回私が購入したのには

『民国26年5月発行 38年1月30版』・・・とありました。

表紙
奥付

もしかしたら貴重なものなのではないかしら・・・。
私が持っていてもいいのかしら・・・と思います。

本物というのは時代の空気まで今に伝えてくれます。
傷みもこれまでにどんな人の手を経てきたかと思うと感慨深いです。

そうそう、この本の本文1P目には書き込みがありました。
発音のような気がします。
いくつかあって全てを確認していませんが、
「脚」の横に「叫」があったり、「堆」の横に「対」と書かれています。
「杂」= 「托」と読めるところもあります。
発音だとしたら「扎」のことかもしれません。

昔の中国語の学習はピンインではなく同じ発音の文字でその漢字の発音を確認したと習ったことがあります。

1Pで終わっているところをみると・・・(笑)
我ながら面白い買物をしたものだと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード