六四天安門から・・・

今週は日経でも中日新聞でも六四天安門関連の本が紹介されていました。
まずは日経。

『趙紫陽 極秘回想録』(河野純治:訳 光文社)

趙紫陽の回想録は何種類もあるのかな。
私が香港から取り寄せたのは『改革歴程』(新世紀出版)ですが、これの翻訳ではないと思います。
どちらにも鮑彤が編者となっていますが、『改革歴程』のほうは共著ではないし。
でも出元は同じように思えます。
鮑彤が趙紫陽のインタビューテープを元にしたものであるということで。
ちょっとそのあたりが調べきれていなくて申し訳ないのですが、この種の本で日本語になっているのは『趙紫陽 極秘回想録』だけのようです。
新世紀出版の『改革歴程』は香港で人気が出て、日本でもNHKが報道していましたが、台湾版もあります。
『國家的囚徒 - 趙紫陽的秘密録音 /歷史與現場 趙紫陽』(時報文化出版企業有限公司)
どちらも東方書店で購入できます。
日本語のほうはアマゾンでも。
原書が何か分からないなんて、我ながらどうかと思いますが、もしご存知の方がいたら教えていただけると助かります。

それから、中日新聞では

『天安門事件から「08憲章」へ』(劉暁波:著)

時々、こういうのがタイミングよく重なって書評が出るので、あれ?と思うことがあります。
アマゾンでもこの2冊は一緒に購入する人が多いらしく、片方を検索するともう片方も出ているといった具合です。
とりあえず、私的覚書。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード