スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引退・引退・引退・復活・・・そして願わくば復活

9月が終わり、そろそろペナントレースも終盤戦(・・・といってもセ・リーグはもう決まってしまいましたが)。
我らがドラゴンズの井上選手が引退を決めました。
正直、ここまでやるとも思っていませんでした。
選手会長とか、いろいろやってましたけど、選手としてはどちらかと言うと地味目。
中日新聞を読む限り、引退セレモニーは阪神の矢野も花束などを贈呈したりして感動的だったようです。
・・・試合結果は・・・ひっそりと、「マサ、炎上」と書いてありましたが(笑)
矢野も阪神に行く前は中村の控えで中日にいたんですよね。
こんな良い捕手になるなら勿体なかった気もしますが、やっぱり試合に出てナンボの世界なので、矢野のために良かったと思います。

で、次の引退は。
今シーズン最初からすでに引退を表明していた立浪。
この人はデビューからずっとスター街道まっしぐら。
比較的地味な選手が多いドラゴンズでスター性はピカイチでした。

そして3つ目の引退。
話し代わってテニスの杉山選手です。
表面上、淡々と長くやるというのは実は並大抵のことではないと思います。
本人にしか分からない苦労があったのではないかと思います。
引退セレモニーもこれまた素晴らしいものであったとニュースにありました。

そして復活。
これは伊達公子選手のこと。
彼女が引退したときは本当に勿体なく思いました。
年齢も若かったし。
でもこういう形で復活するとは思いませんでした。
彼女の最近の活躍をみて勇気をもらった、という向きもあるようですが、私の年で勇気をもらっても毒にしかなりません(笑)
「続けていれば道は拓けるかも」という程度です。
若くして引退したときに、テニスをスッパリやめてしまっていたら今の彼女はありません。
継続してきた結果なのだと思って・・・そういう意味で私は彼女の復活が喜ばしいことと思うのです。

で、最後は「願わくば復活」
これは井上の記念すべき試合で炎上してしまった山本昌。
できれば彼には少しでも長くやってほしい。
今中が早くに引退してしまって、野口もいなくなって、結局こんなに長く出来たのは彼一人。
川上が大リーグにゆき、立浪も井上も引退したうえに山本にまでいなくなられては寂しすぎます。
負けてもいいので、1軍で来年も投げて欲しい。
だから願わくば復活。
頼むよ・・・マサ。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。