竜馬がゆく

いろんなことの合間に気晴らしもかねて再度『竜馬がゆく』を読んでいます。
この本は私の座右の書のひとつでして、何度も読み返しています。

この『竜馬がゆく』

司馬遼太郎の好みもあるんでしょうが、竜馬が非常にかっこよく書かれています。
主人公ですからね~。
脚色もかなりあるんじゃないかと思います。
小説である以上、かまわないんですけど。

で、これまでは司馬遼太郎の描く竜馬像が好きでたまらなかったのですが、今回読み返してみて
ちょっと違う印象を受けました。
ありていに言えば、ちょっとかっこよすぎじゃない?ってこと。

来年の大河は私の大好きな坂本竜馬で、それを演ずるのはこれまた大好きな福山君。
思いっきり騙されるんだろうな>私
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード