ホントのはなし

単なる思い付きですので、あまり真剣にとらないように願いますが、郁達夫の本を読んでて、魯迅を思い出してしまいました。
留学時代の話という括りで、魯迅の『藤野先生』というのがあるのですが、『沉沦』となんとなく似た感じがします。
民族の問題は当時の留学生共通のものだったのかしら?
それから、魯迅の作品は事実ばかりでは無いようなので、『沉沦』も作品である以上、実話ばかりでは無いんじゃないかな、と思います。

郁達夫の翻訳も出ているようですが、魯迅や巴金ほどメジャーじゃないからネットで探してもあまり情報が出てきません。
年譜くらい出てきてもよさそうなのに。
片手間で調べるのはこれが限界かもしれませんが、今のところ図書館に行く元気がありません・・・。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード