スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆

皆様 今晩は。
今年のお盆休みも終わりますね。
私の職場は夏休みとして3日間を交代で休む、という形になっているのでお盆はずっと出勤していました。
ですから、土曜日に墓参、実家の仏壇にも同じ日に参ってきました。

今年の夏は親戚関係で亡くなった方が数人いたようです。
どの人も私にとっては遠い親戚で。
あまり付き合いのあった方ではなかったので、事後報告でも差し障りはないのですが。
親の年齢を考えると「死」や「介護」もそろそろ他人事でもないのかなぁ、と。

でも親にも言ったのですが。
介護される側は介護する人に全てを察して欲しい、などと思わないで欲しいんですよね。
私はかなり図々しいのかもしれませんが、いくら年をとっても自分の生活は自分で決めて欲しいんです。
「世話になりたくないから、施設に入れて」という言葉も、本気でそう思っているのなら、それで良いと思うんですよ。
「葬式は面倒だからしないで」・・・これもまた結構なことじゃないですか。

でも、反対に
「やっぱり家にいたい」という気持ちも「お葬式はにぎやかにやって欲しい」・・・こういう希望もあっていいと思います。

ただ、介護する側にも出来ることと出来ないことがあるということを理解して欲しい。
希望に添えるように考えるけど全てが叶うわけではないよ、と。
こういうことを母に話して、彼女もそれで納得したようです。

でも、親子だからそういう話も出来るんだと思います。
さすがに義父母とはこういう話は出来ないな。
そうなるかどうかは別として、考えておかなければならないことでもあるので、
こういうことを話題に出来た今年のお盆はかなり良かったと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。