スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の進学問題

うちの受験生はテスト中です。
期末テストなんですが、「受験生という実感が持てない」とかふざけたことを抜か
していたので、「実感がでるまで待ってたら一年が終わっちまうぜ。今はとにかく
やりな」と説教をしたところであります。

子供が高校に行きたくない、と言った時、親としての葛藤がありました。
「いまどき高校も出ないなんて」とか。
「私は間違った子育てをしてきたのだろうか」とか。

でもやっぱり親の気持ちとして高校は出てほしい。
でも、でも。
無理やり世間体だけで行かせては、入学はしても中退ということになりかねない
し、何より本人にとって不幸です。
だから、なおさら「高校って何のためにいくの?」という彼の問いに親の立場での
答えを用意する必要があったのです。
(自分自身の答えは自分で見つけるものだし、親の意見を聞いた上で判断するのも
彼自身)

わが息子の場合、勉強は目的でなく教育のための手段だと感じています。
学問で身を立てるわけでもないのに義務教育以上のことをさせるのは、
決められた期日までに何かをするだとか。
それも相手のことを考えて仕上げるとか。
時間を守って動くとか。
・・・そういう社会人として備えておくべきものを学生生活で訓練してほしいか
ら。
勉強が嫌いだから働く、というけど、嫌いなことでも学生生活で求められる位のこ
とが出来ないようでは社会で使い物にならないと思うから。
そして出来ない状態で社会に出てドロップアウトしたらリカバリーが非常に困難だ
と思うから。
だから3年間でしっかり人生について考えてよ、身につけてよ、という意味合いが
強いです。
そして何かのきっかけで勉強をしたいと思ったら、そのときは大学に進めばいい。
別に現役にもこだわる必要もないのですし。

それにしても・・まさか高校に行かないと言うとは思わなかった。
高校は「行くものだ」と自然に思っていたし、彼もそうだと疑いもしませんでし
た。
「子供のことは何でも分かっている」と思っていたのは、私の大きな勘違いだった
のだわ。

彼にはこれまで頭ごなしにいろいろ言ってしまったのは申し訳ないことだと思うけ
ど。
でも、親なんだもん。
心配だから感情的にもなるんだもん。
こういう場合、子供に謝りましょう、と言うことなんですが。
私は謝らない。親の業を受け止めるのも子の務めです。

関連記事
スポンサーサイト
夏休み | HOME | 故郷
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。