文藝春秋~素晴らしき日本語の世界

皆さん こんにちは。
中国語をやりたいなぁ・・・と思うと、日本語のほうに興味がいってしまうのが不思議なのですが。
買物ついでに寄った本屋さんで購入してしまいました。

『文藝春秋SPECIAL 素晴らしき日本語の世界』(季刊秋号)

日本語をテーマに、さまざまな方が寄稿されています。
「文字」ということから書かれたエッセイ、「方言」から、外国人の立場から・・・など、それぞれが専門とされている分野を背景に「日本語」について書かれているので、こんな見方もあったのか、と気づかされます。
なかでも興味深かったのは丸谷才一氏と井上ひさし氏との対談です。
今年なくなられた大野晋氏とのエピソードが交えてあったりして。
それから米原万里氏とも。
そして最後には、日本語で作品を発表する外国人らに触れ、日本語も外からの風で普遍語へと鍛え上げられる、いつまでも村落的な言語ではいられない、と言っています。
「村落的な言語」というのは日本の社会のありようも表していると思います。
言語は人間のコミュニケーションの大きな部分を占めるものですから、言語が外に向けて解放されれば、社会ももっと外に向けて開かれるのではないかな、と。
これまで「日本人でなければ」思われていた部分も解放されるのではないかなぁ。

こういう雑誌は本当に面白いです。
自分が今まで漠然と思っていたことを取り出して見せてくれたり、反対に思いもしなかったところを見せてくれたり。
中国語について、この種の雑誌があれば見てみたい。
中国の今の文筆家たちが中国語についてどのように考えているのか知りたいです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード