スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代白話文

皆様 おはようございます。

しほりちゃんに「現代白話文」ってなに?
というご質問を頂いたので、こちらでお答えをしたいと思います。

その前に訂正です。
前記事で「現代白話文」を「現代白和文」と間違って変換をしてしまいました。
そのせいでしほりちゃんは「?」と思われたかもしれません。
まずはそのことをお詫びしたいと思います。
(前記事については訂正済み)
では。
「現代白話文」・・・いってみます。

しほりちゃんが指摘してくれたように現在出版されている出版物は現代白話(普通語)で書かれております。
それを定めたのが前記事にあげた法規です。
法規の前文で「(規範化された現代白話を基準とする)普通語」を採用する理由、定義等を提示して、本文では具体的にどのように浸透させるかが決められています。
そこによると。
教育現場・放送・出版・政府機関などで「普通語」を使い、広めることを定めていて、それによって現代の出版物は「普通語」で書くようになったのです。

その「普通語」の元となっている「現代白話文」というのはなんなのか、ってことですが。
いまだそれが何に準拠するものなのか定まってはいないようです。
作品としての始まりは魯迅の『狂人日記』(1918年)です。
それは現代白話で書かれた最初の作品とされていますが、規範化されたもので書かれた訳ではありません。
試行錯誤しつつ現代に至っているというのが現状だと私は理解しています。

以前ブログでもこのあたりの記事を書きました。
しほりちゃんのご質問の直接の回答にはなりませんが、参考までに。
http://piaopeng.spaces.live.com/blog/cns!8460D8A1B29D320A!1279.entry
http://piaopeng.spaces.live.com/blog/cns!8460D8A1B29D320A!1270.entry

私の知識もまだまだ浅いので内容に誤解があるかもしれません。
その点はご理解いただき、補足・訂正していただけるコメントをしてくださればありがたく思います。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
★ jitenfetiさま
へぇ・・・そうなんですか。その辺については不勉強であまり知識がありません。中日については清代初期は現代の普通語から外れるので当時から残っている言葉はともかくとして、廃れてしまった言葉は辞書に盛り込みにくいのでは?と思います。
それでなくとも、現代中国語は新しく生まれた言葉を追うので大変ですから。
漢和辞典に関しては漢籍がベースになっているので、もしかしたら文言の完成度が高く、清代においては新しい用例が見つけにくかったのではないかと思います。素人考えなので、真に受けないで欲しいのですが(笑)

jitenfetiさまはそれに関してご自分のご意見をお持ちだと思いますが、いかがでしょう?
2006/10/06(金) 23:21 | URL | piaopeng #-[ 編集]
明代の白話文
清代でも初期のものは、漢和辞典にも中日辞典にも、あまり採用されていないように聞いたことがありますが、実際のところ、どうなんでしょうね。
2006/10/06(金) 18:05 | URL | jitenfeti #vk7Sntis[ 編集]
『ちょっとしっくりコトなところもあります。』→『ちょっとしっくりこないところもあります。』
ごめんなさい。またまたミスタイプです・・・。
2006/10/06(金) 05:34 | URL | piaopeng #-[ 編集]
★夢華録さん
う~ん・・・夢華録さんの意見にはおおむね同意なんですが、ちょっとしっくりコトなところもあります。
週末にまとめて記事にしますので、返信は今しばらくお待ちを。

本当にいつもありがとうね。こういうテーマで話すことって日常生活ではないからすごくうれしい!!
2006/10/06(金) 05:30 | URL | piaopeng #-[ 編集]
白話文学自体は明代中期に語り物をテキストにした「三言二拍」「水滸伝」などが出ていて大衆に広く読まれるようになりました。これは実際に読んでみると、魯迅の小説と同程度、あるいは内容的にもっと読みやすいです。だから魯迅が初めて民衆にも読めるような文体で文学作品を書いたという訳ではないと思います。
中国語の難しさは、現代白話文といいつつ、小説や映画のセリフに四書五経や古典の原文引用が頻出することですよね。結局それが分からないと教養がないと馬鹿にされるわけです。まとまりのない感想でごめんなさい。(夢華録)
2006/10/05(木) 11:37 | URL | 東京夢華録 #-[ 編集]
★がんぶぅさん
いや~・・・私は勉強家でもなんでもないですよ。
やってる人はもっとやってる(笑)
2006/10/05(木) 03:59 | URL | piaopeng #-[ 編集]
う~ん、さずがですよね。
中国文学の研究家(言いすぎですね、勉強家)!
最近、ときどきしかお邪魔してないけど、とってもためになるのです。
そして、
もっともっと、自分もがんばって勉強しないといかん、と思うんだに。
2006/10/04(水) 22:40 | URL | か゜んぶぅ #-[ 編集]
★しほりちゃん
こちらこそ、ごめんね。私のミスタイプでいらぬ誤解をさせてしまいました。
でも、しほりちゃんに質問されると、勉強になるわ。
これからも私を鍛えてね♪
2006/10/04(水) 19:20 | URL | piaopeng #-[ 編集]
なるほど~~。白話文で調べると、いろいろでてきました。一生懸命、白和文でぐぐってました。(笑)v-14
すみません。。。こんなおバカにつきあっていただいて。。。。
2006/10/04(水) 10:36 | URL | しほり #R63KSl6.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。