やっぱり・・・

皆様 こんばんは。
最近本当にご無沙汰しております。
コメントのお返事もすっかり間が空いてしまって申し訳ない限りです。

さぞや忙しい毎日だと思われるかもしれませんが、忙しいというより慌しい。
家をリフォームすることにしたのでその打ち合わせやら。
最後のほうは、面倒になちゃって。
「もうどうでもよいや。どうせマンションなんだから、おさまってくれればそれでいい」
・・・投げやり気分満載。
工事に取り掛かる前に疲れきってしまいました(笑)
やっと何とか決まったのでほっとしております。

子供が中学に入って塾などに行くようになってから、朝起きることが難しくなった私。
就寝前の時間が読書タイムなのですが。
またまた《家》を読んでます。
(子供に言わせると、「ママ、何度読んでるの?」ってことですが)
布団の中で本をめくりつつ、気になったところは付箋をしてこれまでよりももう少し注意深く読むようにしています。
今回注意しているのは家と新青年の関係。
前に読んだときにもこの雑誌名がよく出てくるなぁ、と気になっていて。
新青年のダイジェスト版を紹介されて購入したのですが。
今回はさらにそこだけに注目して読んでます。
当時の最先端と思われる雑誌についての記述が多いので、すごい影響力だなぁと思います。
しばらく、これについて注意深く見ようと思います。
幸い、両方とも自分の物なので、どこへも出向かなくとも読み進められるのがいいです。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード