スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これもブームなんでしょうか。

皆様
こんばんは。今日は名古屋も雪でしてね。
発表によると13センチも積もったんだそうですよ。
一面雪景色でそれはそれは綺麗だったのですけど。
おそらく、一夜明けたら溶け出してグズグズのべたべたになることは明らか。
これは綺麗なときに行くしかない!と思いつき。
徳川園に行ってきました。
その模様はMSNに写真をアップしましたのでご覧ください。

こっちのネタはそれではなく。
今日の日経新聞文化面の記事。
先日も同じような内容で日経は記事にしていたな。。。古典の新訳がテーマです。
これはブームなんでしょうか。
ここまで繰り返し同じような内容を記事にされると。
私なんぞは。

これって業界の戦略?・・・などと思ってしまうわけなのです。

たしかに、古典や過去の名作が復刊されたり、新訳で読みやすくなり多くの人に読まれるようにあるのはいいことだと思います。
そのこと自体が悪いわけではないんだけど。
業界の戦略かな、などと思ってしまうと、なんとなく素直に記事が読めない。

最近は携帯から発信される小説といった紙を媒体としない表現方法もあるので。
出版社は危機感を感じているのではないかなぁ。
それで(言葉は悪いですが)過去の実績の蔵出しを始めて。
そのままじゃ商品になりにくいから手を加えよう・・・それが新訳という形で表に出ることになったんじゃないか・・・なんて思ったりもします。

何度も言うようですが、そのこと自体が悪いわけではないので。
商売の手法にけちをつけるわけではないのですが。
これを「文芸文庫の使命」(講談社文芸文庫出版部)などといわれると。
ちょっと引いてしまう気がしないでもない・・・。
「使命」なんて大げさなものではなく。
「敷居を下げる」ぐらいにしてくれたほうが、素直に「そうだよね」って思えるんですけどね。
どうなんでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
ブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!
2008/02/12(火) 22:36 | URL | サトシ #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。