スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新個人主義のすすめ

皆様 こんばんは。
今週も一週間が終わりました。
同僚がレーシックの手術を受けるということで、2日間のお休みをしておりました。
彼女の分まで・・・というわけには、とてもいきませんが。
何とか二日を滞りなく終えましてございます。

最近とみに思うに。
会社組織というものは。
協調性が尊ばれるものであるなぁ・・・ということ。
私はどちらか言ったら、協調性にかける点があるので。
ここだけの話し。
周りの行動や考え方に「???」が飛び交うこともしばしば。
そんな私が今回、手に取ったのはこの本でございます。

新個人主義のすすめ(林望:著 集英社新書)

周りと違う・・・というと。
我ながら「鼻持ちならない」感じがプンプンするんですけど。
でもやっぱり「みんなと同じ」がよいわけでは決してない。
むしろ、個性こそが環境を活性化させると思うわけなんです。

でも自分で「個人主義者」というと「利己主義」と紙一重のような。
そのへんが難しいところであります。
組織の中では「個人主義」が、ややもすると「わがまま」と取られかねない。
その辺の微妙にならざるをえない線引きを著者は明確に区別しています。

迷っているときの私なら、この線引きに救われる思いがすると思いますが。
自分の立ち位置が決まっているときは反論したくなる部分も。

それでも私は全体的に見て著者の考え方は好きです。

『すなわち、自分は自分、いつも信じるところにしたがって正々堂々と生活するのはいいけれど、同時に他人は他人、その違う生活心情や思想を侵犯してはいけません』

これに尽きるなぁ、と思うのです。
 
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。