スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府による中国語教育

皆様 今晩は。
今日はご報告がございます。
FC2に移る前に使っていたMSNブログのことです。
一年以上放置してありましたが、FC2のほうは文学や語学に内容を限定したいという思いから、日常の雑感はMSNでつづることにしました。
同じブログで両方の内容をつづると、「読みたいな~」とか「こういう勉強したいなぁ」が時間軸としてかなり早く出てきてしまって。
結果、どうなったか、ということを記述するときには、以前の記事はほとんど忘れ去られたあと、と言うこともありますし。
何度も似たような内容になってしまう恐れもありますので。
勉強計画を含めた日常の気持ちをつづるのはMSNで。
勉強した内容を発表するのはFC2で。
このように使い分けたいと思います。

リンク先はプロフィールをご覧ください。

って訳で。

今日のお題は
『國語普及の一方策 ー 教育部管轄「國語講習所」の場合』
この論文の感想を書きたいと思います。

この論文は我が校にある「中国語言語文化研究会」が発行している「中国言語文化研究」第7号に発表されたものです。
中国がどのようにして言文一致を推し進めてきたかを調べたものです。
私はこれまで雑誌《新青年》に「文学改良芻義」が発表されたのを皮切りにした中国における言文一致について学んできました。
事実、過去に手に入れた
『回眸《新青年》 語言文学巻』(河南文芸出版社)
を見ると、文学改良論として37もの文章が、語言文字論として27もの文章が掲載されていたことが分かります。
私はこれまでこれらの文章を書いたのは、いわゆる民間人が自らの信念でもって文学を改良しようとした決意の表れであると理解してきました。
日本の言文一致のように。
ところが中国の場合はちょっと違ったらしい、と言うことに気づかせてくれたのがこの論文。

中国は政府によっても言文一致が推進されたようです。
論文によると1920年1月12日に教育部から「教育部訓令第12号」が発せられたしています。
この通達は1920年秋ごろから言文一致の実現のために国文科を国語科に変えるというものであったそうです。
しかし、上からの通達を実行させるためには並々ならぬ努力とシステム作りが必要であったというのが論文の内容。

同じ言文一致といっても国によっていろいろなのですね。
さらに私が感心したのが、この政府主導とも言うべき運動に新青年に論文を寄せている胡適や銭玄同といった人たちも講師として呼ばれていることです。
官民一体となって推し進めていたことがわかりました。
当時の発音は注音字母で教えられていたそうです。
注音字母の発布は論文によると1918年だそうです。

胡適の「文学改良芻義」が発表されたのが1916年。
注音字母が1918年。

・・・この状況から考えるに。
最先端の考え方やシステムをトップダウンで実行しようと言うものであったことが分かります。
しかも、通達発布までの早いこと!
歴史的状況も違いますし、簡単には比べられませんが。
日本との違いに驚きました。
・・・いや、どっちが良いということではありませんけど。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
2007/12/21(金) 03:24 | URL | みんな の プロフィール #-[ 編集]
★sachiさん

ブログ、二つにしてみました。
また、あっちにも行ってやってくださいませ。

「日本は教育の仕方が下手」・・・大学教育も感じる部分は多いのですが。
初等教育に関しては正直困ってます。
息子が「ゆとり世代」なので・・・(涙)

そういえば2月中旬が予定日なんですよね。
うちの子、バレンタインデーが予定日でした。
生まれたのはもうちょっと早かったけど。
年が明けたら慌しくなりますね。お大事に。
2007/12/06(木) 06:20 | URL | piaopeng #-[ 編集]
にゃんと!
msnのblogも別に続けてらっしゃったのですねっ
(@_@)

教育の仕方は日本が下手すぎるんだと思いますが…違うかなぁ★
2007/12/04(火) 20:53 | URL | sachi #JalddpaA[ 編集]
★akiさま

久しぶりです。もうお仕事には行っているのでしょうか。
お忙しい毎日でしょうね。

そっか・・・私も中国に行きたいなぁ。
友達が行っているんですが。
どんどん差がつくのでちょっと焦り・・。
2007/11/30(金) 22:42 | URL | piaopeng #-[ 編集]
お久しぶりです。

中国の国語教育もいろいろなことがあって大変だったんですね。

今は海外での中国語教育の普及に中国政府は力を入れていますよ。
ここ2,3年で海外の中国語の先生方が中国の大学に研修を受けに来ています。
2007/11/27(火) 20:33 | URL | aki #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。