あら、勘違い

皆様 こんばんは。
昨日、届いたと思い込んでいた本は。

友人からのものではありませんでしたm(__)m
以前、書店を通じて頼んでいたもので。
中国から直送を依頼していたものでした。
友人にお礼を言いましたらね。

そんなに早くつくわけないじゃん(ゲラゲラ)
・・・って訳で。
とんでもない情報を載せてしまったものです。
これを読んで「中国からは一日でつくんだ~」と思った方。
申し訳ございませんでした。

今回到着したのはこの本です。

农民日记 一个农民的生存实录
(中国青年出版社 2006)

この本は、ある農民が60年間近くにわたって書き上げた日記です。
中国におけるこの100年間は。
いろんな意味で変化に富んだ期間です。
この100年間を生きた人の一代記を本にしたものはこのほかにもいろいろあります。
そのほかにも

我的一个世纪
(三联书店 1997)

巴金もそうですが、その人を一生を追うことでこの100年の中国情勢を生きた人の目を持って知ることができるような気がするんですよね。
歴史に血が通うと言ったら、なんだかなぁ・・・(笑)
とにかくこの本も目を通してみようと思います。

ところで話し変わって。
中国から送られてきた梱包ですが。
緩衝材入りで非常に丁寧に送られてきました。
「当代」などを送ってくるところとは雲泥の差(笑)

封筒(?)はビニール製で。
「100%溶かして再生できます。紙と一緒に回収しないように」と書かれてあり。
環境に配慮している表示があります。
中国からの送料は 33元。
なんか中国でもいろいろだなぁ、という感想を持ちました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード