スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究会

みなさま こんばんは。
今日は名古屋の某所で研修でした。
一日缶詰だったので・・・私は大学で講義には慣れているので平気・平気と思っていたのですが・・・以下省略(笑)

で、そんなこんなで家に戻りましたら、大学から研究会のお知らせが。
研究会ですが、今回は大学院生の発表がひとつと講演会。

孫歌という方。
内容は「竹内好を読む」

。。。ってことは魯迅かな。。。ってわけで、検索してみたら、この本の著者でした。

竹内好という問い

書評は「村田雄二郎研究室」のサイトで見つけましたので参考にさせていただきます。
竹内好といえば、大学の先生が竹内好の『魯迅』を中訳されました。
その本は『近代的超克』(三聯書店)・・・と思って今書棚から引っ張り出したら、編者が「孫歌」
・・・あぁ・・・この人であったか。
自分が知っている部分と繋がったのでちょっとうれしい。

『竹内好という問い』は研究会までに目を通したいと思います。
こうやって横道ばかりに逸れてますが、これもまた勉強する楽しみだったりもします。
今読めなくても・・・、と思って購入した本が役に立つのも、やはりうれしいものです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。