スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

場違い・・・だったかも。

皆様 おはようございます。
現在は仕事でも2足のわらじをはいておりますpiaopengです。
前月20日から新しい部署に移動になったものの、これまでやっていた業務を引き継いでくれる人がいらっしゃらず、兼任の日々。
昨日やっと事業の譲渡先から人が派遣されたので、来週からは少しは肩の荷が下りると思いますし、今週末は3連休ですから、久しぶりに自分のペースで生活が送れそうです。

さて、昨日はさるお方にお会いするために。
とある学会の懇親会にお邪魔してきました。
そうそうたる顔ぶれで。
すっかり萎縮気味の私。

だって。
生きているうちでお目にかかることなど絶対にない、と思っていた方でしたからねぇ。
御大に初めてお目にかかったときも。

「生身の人間だったんだぁ・・・・」と思ってしまったくらいですから。

そのときと同じくらいのショックでした。はい。

そういうビックネームの先生方に加えて、中国の方も多く。
自己紹介も出来ないありさま。
「留学したことは?」と聞かれましたが。
「留学」の意味するところが一般人とは違うので、またもや頭の中があたふた。
自分のことをなんと説明しようかと、おたおたしてしまい、つい助け舟を求めてしまいました。

場違いだなぁ、と我ながら思いましたが。
こういう場所にお邪魔したことで、改めて自分の今いる位置がまたはっきり見えました。
で、自分は今後どういうスタンスで勉強と関わっていくのか、改めて考えるきっかけとなりました。
ゆっくり、と言いましたがやっぱりなるべく早く卒業しよう。
自分の中で考えているだけでは、勉強した内容も漠然としたものが溜まっていくだけで、そのことに意味があるとは思えないですし、同じ場所にずっといることは楽なことではあるけれど、楽をすれば楽をするほど自分が見えなくなると思いました。

そういう意味で会をのぞかせていただく機会を得て、本当に良かったと思いました。

最後に余談ですが。
名古屋特有(らしい?)海老天おろしそばが話題に上りました。
私も別の土地に行ったらその土地の「海老天おろしそば」を食べてみて名古屋のそれと比べてみようと思います。
たかが「おそば」ですが、これは結構奥深いかも。
だって、名古屋の「海老天おろしそば」しか知らない人が書いたものを、それぞれの土地の「海老天おろしそば」のイメージで読まれては、とんでもない誤解をうむことも考えられますもんね。

その辺のところを、エッセイにしたのが、米原万里の「魔女の一ダース」。
「海老天おろしそば」で私が思ったことが、全てこの本に凝縮されております。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
★夢華録さま

夢華録さまのお知り合いの方も同じ場にいらっしゃったのですね。
名古屋は今日あたりから金木犀の香りと共に少しひんやりしてきましたが。
金曜日は暑かったです。
海老天おろしが名古屋特有のものであったとは気がつきませんでした。
この話題が出たのはもう1年近くも前のことでした。
夢華録さんも名古屋にいらっしゃったときには、是非召し上がってください。
もしかしたら、きしめんよりも珍しいものかも。
2007/10/07(日) 21:48 | URL | piaopeng #-[ 編集]
今回の名古屋の学会に行って来た人と名古屋の食べ物の話で盛り上がりました。
おみやげの手羽先弁当、なんと手羽先の下に炒めたきしめんがつけあわせで入ってました。天むすも入っていて900円の中に名古屋が凝縮されていました。
昨日piaopengさんの名古屋のエビ天おろしそばの話を急に思い出して、どこにかいてあったか思わず探してしまいました。
昨日の名古屋は暑かったみたいですね・・・。
2007/10/07(日) 20:58 | URL | 東京夢華録 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。