スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代中国の禁書

皆様 おはようございます。
朝は少々冷えるようになってまいりました。
昼間は暑い、明け方はすずしい・・・寒暖の差が激しくなっていますので、お体にはおきをつけくださりませ。
(↑あれ?今日はこれでおしまい?みたいにちゃた)


最近、新書ばかり読んでおります。
新書のほうが一般向けなので分かりやすいし。
取っ掛かりを掴むのにちょうどいいような気がしています。

で、今日ご紹介したいのは。

『現代中国の禁書 民主、性、反日』
(鈴木孝昌/著 講談社+α新書 2005年)

いろいろと制限が多いと言われている中国ですが。
こういう人の声を聞くことはあまりないので興味をもちました。

私が今勉強中の現代中国文学でも。
言論を禁止された結果生まれた文学作品だとか。
禁止されても声を上げた作家だとか。
口をつぐんでしまった人だとか。
・・・いろんなやり方があると言うことが分かりかけてきました。

その人たちはどういう気持ちで行動に及んだのかが知りたくなって。
この本を試しに手に取りました・・・というか、本屋さんでたまたま目に付いただけのことです。

正直申し上げて。
「そう簡単には分からん、これは」
・・・と言うのも、私は現代を中心に勉強中ですが。

時代が実感できない
環境が実感できない

当時の中国の時代背景や社会のことも本では読みますが、どうも上っ面なような・・・。
御大に言わせると「苦労が足りないから」なのだそうです。

・・・確かに。

御大は悪い意味で「苦労が足りない」とおっしゃったわけではありません。
私の世代がこの時代のことをちょっと勉強したくらいで分かろうって方が無理だ、と言うことです。

でもねぇ。
段階的に知る方法はないのかしら?
勉強に終わりは(自分で決めさえしなければ)ないですが。
卒論には期限があります・・・orz

ってわけで、本探しの旅が始まってます。
「思想」を題材にするのは範囲が広すぎて亡羊となってしまいます。
テーマを見つけるのは砂漠で砂金を見つけるようなものです。

頭でっかちになっているのは自覚しているので、ここをクリアしないと質問にもいけないんですよね~・・・。
考えているより、手を動かせ、というのも自覚しています。

あ~・・・今日は独り言になってしまいました(笑)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
★しほりちゃん
励まし、ありがとう~。情報バラエティ番組はあまり鵜呑みにしちゃいけないってのは、思うなぁ。だって、ダイエット方法だって頻繁に違う種類のが紹介されて「ぜったいやせる!」ってお墨付きまであるのに、現状は・・・orz
(目をつける所が違うって?)
本探しは宝探しって・・・いいコトを言うわねぇ。
「しほり語録」に加えておきます・・・・メモメモ
2006/09/27(水) 03:36 | URL | piaopeng #-[ 編集]
嫌なやつじゃないと思います
>「この人の話している状況は本当に事実に即しているのだろうか」

これって、すごく大事なことじゃありません?
日本の報道だって、疑うべきところは疑うべきだし、とくに情報バラエティってすごく落とし穴がありますよね。ましては、個人がいうことなんて、意見ならまだじも事実かどうかは、疑って当然だと思いますよv-217全然嫌なやつじゃありませんよ~。

本探しの旅、つまりは、宝探しの旅ですね。
えんぴつ動かすより、楽しいし、気晴らしにもなるし、いい本とであえるといいですねぇ。v-218加油
2006/09/27(水) 01:07 | URL | しほり #R63KSl6.[ 編集]
★夢華録さん
ふむ・・・国内禁止の作品が評価されると言うのは、やっぱり国際政治的な影響も考えられるのでしょうか。
文学も含めて芸術ってどのようにでも受け取れるから難しいですねぇ。
受け取り方も人によって違うから、書いてあることも鵜呑みにできない、でも判断基準を持ててないので、ますます頭がこんがらがってます。
最近、人との雑談レベルでも「どうしてこの人はそう思ったのか」とか「この人の話している状況は本当に事実に即しているのだろうか」などと考えたりします。いやなやつだなぁ、と自分で思うわ。

★akiさん
そうそう、中国の人にとっては一般常識であっても私たちには常識でないことって沢山ありそうですよね。
「無知の知」ではないけど、知らないと言うことを自分で分かるようになるといいのになぁ、と思います。
本当にお互いがんばろうね。(←私もこれしかいえない<w)
2006/09/26(火) 06:08 | URL | piaopeng #-[ 編集]
中国は昔から文字獄でわかるように検閲がきびしいから、人民日報も正しいのは日付だけとよくいわれています。中国人はずっとそういう状態に慣れきっていたんだれど、そこにブログやインターネットのBBSが出現して随分状況が変わってきた気がします。映画をみると、国内禁止の映画だと海外でかえって評価されて賞をとりやすい気がします。文学も似た状況があるのではないかな・・・。夢華録、
2006/09/25(月) 23:11 | URL | 東京夢華録 #-[ 編集]
授業で韓国文学(史)の授業で中国の文学(史)との比較とかをさせられましたが、やっぱり僕もさっぱりわかりませんでした。
日本人ということもあり、中国では一般常識的なこともわからなかったのもあったのですが、段階的にやっている余裕はなかったです。
とにかく友達とかにきいたりネットとかで資料を探したのを覚えています。
(やった内容は忘れてしまいましたorz)
がんばってください(←これしか言えません)
2006/09/25(月) 21:08 | URL | aki #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。