どうしよう・・・

皆様 こんにちは。
東海地方は昨日、梅雨が明けました。
今日は暑いです。からりとした暑さなのでまだいいのですが。
暑いには違いない。
うちのハムスターはだら~~となって寝ております。
・・・あまりの様子に死んでしまったかと思い。

「ラッキー、おきて!!」と叫んでしまった私って・・・(涙

そんな感じで暑さにやられているのは人間だけでは無いようで。
今は人間もペットもクーラーの聞いた部屋で涼んでおります(^・^)

さて、表題の「どうしよう・・・」です。
昨日、アマゾンで衝動買いした本が届きました。
3冊のうち古本だった1冊が先に届いたのです。

『近代中国の思想世界 ―『新青年』の群像―』
     (岩波書店/野村耕一著/1990年)

これを読んでいると引用文がいっぱいあるんですよ。
新青年からの引用文がいっぱいあるということは。
やっぱり本物が見たいじゃないですか。
で、本物を手に入れようかどうか悩んでおります。

だってねぇ・・・金額が半端じゃないんです。
★新青年 汲古書院(昭和45年)
 12冊 原刊本影印 精装A5 94500円

★新青年 大安書店 (昭和63年)
 14冊 全9巻 別巻2 精装B5 126000円

この2種類があるんですけど、値段がかなり違う・・・。
どっちがいいんだろう・・・。
ネットで購入というのは便利な反面、現物が見られないという欠点があるんですよね~。
たいていの本は失敗してもいいや!と購入することも出来るんだけどな。
安いほうでも94500円・・・。
私的には大安書店のほうが刊行年も新しいし、大きさもコンパクトなので保管には適していると思うのですが。
汲古書院のほうは影印(原本を写真にとって印刷したもの)だから当時のものがそのまま見られていいような気もするし。

どっちか欲しいなぁ・・・。
以前、みつけた内山書店にはもう無いみたいだから、これを逃すとまた縁がなくなるかもしれない。
どうしようかなぁ・・・(ボリューム・値段で迷っております)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード