スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めっちゃ勉強家だよね。

みなさま こんにちは。
台風はどうでしょうか。
名古屋は今のところたいした事はありませんが。
やっぱり台風に向かっていくのは怖かったりするので。
今日の研究会は不参加・・・(涙)
発表を聞きに行くだけの身は楽なもんです。
今、京都は祇園祭の季節。
3連休でもありますし、台風が恨めしいことでしょう・・・。

そんな中、プライベートではチョックラ転機を迎えておりまして。
ブログも放置状態でした。
唯一、良いことは息子は順調に前の状態を取り戻しつつあること。
子育てって、やっぱりガーンとぶつからないと真剣味が伝わらないですね・・・。
私も人のこと言う前に自分がしっかりしよう。

それはさておき。
これですよ。
この方の視点って面白いとかねてから思っており。
隔週金曜日を心待ちにしている私です。
へ~・・・そうなんだ、と思うことあり。
あれ?私と一緒じゃん、と思うことあり。

今回は「一緒じゃん」タイプです。

私もAccessをいじるようになってから、それはそれはたくさんの本を購入しました。
傍から見たら似たようなものをたくさん買って、お金がもったいないと思われるくらい。
でも、Accessに関して引き出しの足りない私は。
サンプルがたくさん欲しいんですよね。
で、自分がやりたいことに近いことが書いてある本を見ると、つい買ってしまうって事があります。
それでいつの間にかたくさんの本が・・・。
会社の仕事ロッカーにも何冊か入っていますし。
ネットで見つけたサンプルコードなんかもファイリングして見られるようにしています。

さて、もう一方。
文学・中国語のほうですが。
これまた同じように「これ、必要!」と思ったら買ってしまいます。
辞書もおんなじ。

なぜこんなに本ばかり購入するかというと。
「あ!」って思ったときにすぐ見たいから。
図書館があるじゃないか、と思われるでしょうが日常的に図書館にこもれない私にとって図書館よりも自分の本なのです。
本って「一期一会」的なものがありますしね。
「今、必要」ってのもありますが、「いつか必要になるかも」で買ってしまうこともあります。

だから作家の「全集」なんかも全て読むわけじゃございません。
読んで楽しむ方もいるとおもいますが、私は論文などに「魯迅全集」なんて書いてあると、「どれどれ」と見てみたり・・・という使い方のほうが多いです。

私の本好き(すぐに購入する、という意味で)を知っている知り合いは。
「すごい勉強家だよね」
・・・といいますが。
私に限っては「勉強家」というよりは。
いつでも調べられるという「安心料」というわけで。
紹介サイトのオチと同じように。

全部を読んでいるわけではない

のです。
あ・・・でも、一通りはざっと眼は通します。
だって、それぞれの本の特徴を自分なりに把握しておかないと、リファレンスとしての意味がないですから。
あれって、確かあの本にあったよね、って自分で分かればそれでいい・・・っていう程度。
だから付箋はどの本にもついています。
ただ、いっぱい過ぎて分からなくなるという・・・本末転倒みたいなことも間々あります(涙)




関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
★しほりちゃん
ね、ね?面白いでしょ?私、大好きなんですよ。
オチがいいよね~。
2007/07/21(土) 10:53 | URL | piaopeng #-[ 編集]
あれ?
少し、訪れないあいだに、ブログの背景がすっかり夏らしくなりましたね。v-218

私の勤める会社は、SE/NEばかりなので、ぷぷぷって笑っちゃいました。^^。後で、さかのぼってよんでみよーっと。漫画がらくちんでいいです♪
2007/07/21(土) 05:24 | URL | しほり #R63KSl6.[ 編集]
No title
★jitenfetiさま

リンクしてくださりありがとうございました。
jitenfetiさまがおっしゃるとおり、本は見つけたときに購入しないと次にまためぐり合うのが難しかったりしますね。
今回はまぁいいか・・・と思って手に入れなかった本があとから必要になったりすると、後悔の塊になります。

jitenfetiさまの記事を拝見いたしました。
本当に私もこのブログでつながった縁を思うと本当に不思議な感じがいたしますし、ありがたいとも感じています。
いろんな方とつながりが出来るのは自分の考え方の幅を広げてくれます。
本と同様、人のご縁も「一期一会」のつもりでこれからも大切にしたいと思います。
トラックバックしてくださり、ありがとうございました。
2007/07/15(日) 16:21 | URL | piaopeng #-[ 編集]
No title
 久しぶりに、FC2のブログにに記事書きました。

 ひとつは、この記事に触発された「一期一会」に関する記事です。

 下にも記事の一部を転記しておきますが、感想をコメントいただくと幸いです。


内容の一部です。

 この方は、「一期一会」を感じる本があると書いてありますが、気になることが書いてあったが、荷物が多くて買わなかったら、どの本か分からなくなったという場合などに、私もその感覚がありますから、同感ですね。
2007/07/15(日) 14:25 | URL | jitenfeti #rKVBeLF6[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

49.「一期一会」という四字熟語

 「いちごいちえ」と読む四字熟語。 四字熟語の中で、非常に人気があるものの一つですね。 人との出会いは不思議なものであり、一生に一度の出会いと考えて大事にしなければならないという意味である。 あなた
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。