中日?日中?

皆様 こんにちは。

タイトルを見て。

また辞書の話かよ~・・・と思った方。

ブッブ~~!!おおはずれです(笑)

今月号の中国語ジャーナルで岡田勝さん(在中国日本国大使館一等書記官)のインタビューが収録されています。
この雑誌はリスニングCDつきですから。
通勤の車の中で聞いていましたら。

・・・あれ?あたし、聞き間違えた?

と思うところが。

いやね、たいしたことではないのです。
中国の放送や要人の発言を聞いていますと。
「中日関係」(日本と中国の関係)といい、間違っても「日中関係」とは言いません。
だから、なんとなく自分も「日本と中国の関係」といいたいとき、日本人であることも忘れて「中日関係」と訳したりしておりました。
(通訳や翻訳の時にはしゃべっているのがどこの国の側かによりますので、必ずしも「中日関係」が間違いではありません。
中国人の側に立ったら「中日関係」と訳してたぶん正解)

なぜ「中日」のほうがなじみがあるのかといいますと、やっぱりサンプルが圧倒的に「中日」と表現されているのが多いから。
(当たり前ですが)

だから、今回岡田さんが「日中関係」をそのまま中国語でも「日中関係」といっていたことを新鮮に感じました。
外務省の方ともなると、やはり国と国の立場ということを考えるのでしょう。
この言葉ひとつでもそういう気持ちを感じてしまいましたが・・・それは私の考えすぎかもしれません。
ただ、自分が「日本と中国の関係」ということを言うとき、「日中関係」と中国語で言ってもいいのだなぁと知り、目からうろこが落ちた気がしました。

こういうことって、日本人が日本の立場で話す中国語を聞かないと意識しないことだと思います。
些細なことだけれど、大事なことなのではないかなぁ、と思いました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
★jitenfeti さま

そういえば、中和とは言いませんね。
思いもしなかったです・・・。
2007/06/04(月) 19:12 | URL | piaopeng #-[ 編集]
中日辞典や日中辞典は、逆に言ったのでは、意味がとおりません。しかし、中国では、漢日辞典などと言いますね。英語や仏語など他の言葉だと、英和とか仏和と言いますが、中国語に限っては、中和とは言いません。中国風に言うと漢和になって、紛らわしいということもあるのでしょうか。
2007/06/04(月) 12:50 | URL | jitenfeti #vk7Sntis[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード