スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞書・・・WEBと書籍の同時発売

皆様

今日は面白いニュースを発見しました。
それがこれ(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060911-00000017-rbb-sci)

三省堂が、「大辞林」などを書籍とWebに同時出版し、書籍の購入でWebでも利用可能になる、という記事です。
電子辞書に今回の場合Webで使えるということですが、通常電子化された辞書は紙媒体の辞書よりも遅く発表されます。
これまで紙媒体主体だった辞書を後追いで電子化するのだから、仕方ないのかな。
それが同時に発売されて、書籍を購入すればWeb版のアカウントを発行してもらえるそうです。
この形式が定着すれば両方の使い方が出来るので便利です。
今のところ私はPCもしくは電子辞書と書籍の辞書とは使い分けていますから。

大辞林は電子辞書にも搭載されています。
私の持っているCANON Wordtank V80にも入っています。
電子辞書だと複数の辞書を一台に乗せているということで、Web版と状況が異なります。
こっちはこれまでどうりタイミングがずれるのかなぁ、という気がしています。

翻って、中国語の辞書はどうなんだろう。
2年後あたりに大修館から「中日大辞典」の新版が発行されます。
この編纂についてはどういう手法をとっているのか分かりませんが、書籍とWeb同時発売となったらいいな。
でも、そうなったら同時に軽くて使いやすいモバイルPCがほしくなるだろうなぁ。
自宅使いなら私は書籍のほうが好きだし、使い方も違うので。

今回の編纂には「XML」(http://e-words.jp/w/XML.html)
が使われたということ。
これまでのWebの形式は主にこちら(http://e-words.jp/w/HTML.html)
だそうです。

今まで別個で動いていたものがつながると思うと面白いですね。
世界が広がる気がします。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
★jitenfetiさま
はじめまして。ようこそお越しくださいました。
jitenfetiさまは漢字にお詳しいのですね。
私は今のところ職場で使うことはありませんので書籍もしくは電子辞書が多いですねぇ。講義のときはPCを使うわけには行かないので電子辞書必携です!!
家で使うときは書籍。好き好きですが、私は辞書のずっしりとした重量感が好きで・・・勉強した気になる(笑)
中国古典が情けなくなるほど苦手なので、漢和辞典は・・・・orz
もしよろしかったら、またいろいろと教えてくださいませ。
2006/09/17(日) 16:11 | URL | piaopeng #-[ 編集]
職場では、Web版
 自宅では、書籍版およびスーパー大辞林を使っていますが、他の国語辞典もかなりあるので、使う頻度は、多くありません。
 新しい言葉意外では、大辞林より語数の多い「小学館国語大辞典」(245,800語)を使います。
 それに漢和辞典は引かない日がなくても、国語辞典は週数回程度しか使わないという事情もあります。
2006/09/17(日) 15:48 | URL | jitenfeti #D0IvZYaY[ 編集]
★ しほりちゃん
う~ん・・・私は書籍のほうがよく使うのでWEB版だけ発売されても・・・って気持ちはありますが、人によって使い方も要求するものも違うので別売りにしてくれると便利だよね。
ただ、出版社としては、書籍が売れたほうが・・・って思うのかも。
2006/09/14(木) 18:43 | URL | piaopeng #-[ 編集]
WEB版だけでも発行すればいいのに・・・。と思いません?
2006/09/13(水) 10:18 | URL | しほり #R63KSl6.[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。