スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月に

息子も予定ではあと半年で卒業。
社会人にもなれば、なかなか旅行にも付き合ってくれないだろうと思って、11月に上海旅行を企画しています。
初訪中以来、28年ぶりの上海です。当時はまだプートンあたりは開発がされていなかったと記憶していますし、国際空港は虹橋空港だけでした。
南京路と外灘、豫園くらいしか歩かず、よく覚えているのが和平飯店のコーヒーショップでコーヒーを飲んだことくらい。
なぜか上海大廈の建物が印象に残っています。

今回の第一の目的は巴金故居に行くこと。
それから、虹口あたりで魯迅や左聯ゆかりの地をみること。
フランス租界を散策すること。
外灘あたりの建物をみること。豫園を訪ねること。
二泊三日の最短期間の旅行ですが、なるべく効率よく回って、なおかつ北京のように一人でも行けるように土地の雰囲気を感じることが目的です。
そして少しは中国文学の世界に近づくこと。
仕事が軌道にのって、時間の自由ができたらまた勉強を進めたい。その準備の一環として、今回の旅行は存分に楽しみたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。