就職活動をはじめました。

金曜日に会社の人数名と呑み、吐き出すものを吐き出してすっきりしたところで、数日前からぼちぼち始めていた就職活動について、真面目に考えてみることにしました。

これまでの条件は
① 家から近いこと
② 基本的に突発的なことがないルーチンワークが主であること
③ 家の事情、子供の事情で休むことにある程度、理解があること

この3つをクリアしていれば、声のかかったところで働いてきました。
ですので、今の職場はそういう意味では非常に良い職場でした。
今の社会情勢上、会社内部で不安定要素が無いではないでしたから、出来れば子供の手が離れるまではここで仕事が出来ればいいなぁ、と思っていたので、退職時期も前向きに考えれば良かったと言えばよかったといえます。

・・・と、やめる事に対して自分の心に折り合いをつけたところで、これからの就職活動に向けての心構えについて考えてみました。

まず、条件の見直し。

① 面接なり、問い合わせをした中で、相性がよさそうな会社との縁を重視する。
  使うほうも使われるほうも人間ですので相性もあると思います。やはり相性が良い人と仕事をしたときには、評価も高かったし、自分自身のびのびやっていたと思います。

② 会社の事業に共感して仕事を選ぶ。
 当たり前のことなんですけど、これで手痛い失敗をしたことがありますので。


で、就職活動への心構え

① 社会における自分への評価をあるがままに受け入れる。
 今の会社で7年働きましたから、会社の中で通用する自分と社会でも通用する自分の両方があると思います。
会社の中で通用する部分だけで自信過剰になっていては「雇用のミスマッチ」への道をひた走ることになります。
謙虚さを忘れず、でも自分が今までやってきたことに自信をもって仕事探しをする。

余裕があったら資格も取っておきたいと思います。
中国語にしても、Accessの知識にしても、資格が無ければ仲間内で通用する自分の域をでませんので。
そこそこやってきましたので、背伸びした資格に取り組もうとは思いませんけど、社会の中の自分を図るものさしのひとつとして相応の資格にチャレンジしようと思います。

とりあえず
AccessはVBAエキスパートのスタンダード。
パソコン教室の先生に相談したところ、どうせ受験勉強するなら、ここを目指しなさい、とのことでした。

中国語はHSKとガイド試験。

就職活動ばかりしていても、気持ちがささくれるだけですから、自分が前に進んでいるという実感を得るためにも良いかな、と思います。
これまでの経験上、相手のあることは自分が頑張っても、思った成果が出にくいこともありますし、待ちの時間も意外とあるものです。
勉強は自分自身と向き合うだけですから、両方、良いバランスをとることで気持ちの安定が得られるのではないかと思います。

今回は長期スパンで動こうと思って覚悟しています。

それから、こう言う状況になったことを知った人から、具体的ではありませんが「本当に困ったら紹介するよ」という言葉も何人かから貰いました。
社内でも12月までだったら時間はあるから、ひっくり返せるようにする、といってくださる上司もいます。
そういう言葉はありがたく受け取らせてもらって、自分が動いたのと、ご好意で声を掛けて下さる話と両方、具体的になったものは、その都度真剣に向き合って答えを出していくことにします。
60歳まであと20年。落ち着いて仕事に取り組める環境を作るためですし、なんだかんだ言っても仕事はその後の人生にも金銭面だけでない大きな影響があると思うからです。

スポンサーサイト

世の中はウマくできている・・・か?

ムスコが今日から塾に行き始めました。
すでに夏休みが始まって3週間くらいたっているのですが、この3週間で学校の課題をすべて終わらせていたので、変れば変るものです。

そうして家が落ち着くと、発生するのが私の問題。
私は契約社員として働いているのですが、人事異動の余波をくらって年内で契約満了となり、退職することが決まりました。
それにしても、この会社でこうなるのは2度目の事。
同じ会社から2度も退職を言い渡されるのは、なかなか無い事と思われます(笑)

1回目のときは私の仕事を代わって出来る人がいない、ということで土壇場でひっくり返りました。
でも2回目の今回、会社が同じ間違いをするとは思えないので(やったら怖いでしょう。危機管理能力なし、ということで)今回こそ退職します。
引継ぎを、と言われていますが、誰に引き継ぐかはまだ決まっていない状態。
前回と何も変っていません。
有給含めて年内なので、出勤するのは3ヶ月くらい。
今はまだ完全に冷静ではないので、黙って成り行きを見守ることにします。

思えば今の会社にはパート時代を含めて7年くらいお世話になりました。
家から車で5分ということと、社風が比較的のんびりしていることが幸いして、学校行事などでも気兼ねなく休めました。
ムスコが小学5年から高校2年生までの子育て期間を両立できたのは、ひとえに、この環境にあったといっても過言ではありません。

今回、ついに2回め(何度も言いますが)の契約満了に至り、初めはそれなりにショックでしたが、落ち着くにつれて、まぁ良い潮時ではあるな、と思いました。
基本的に私は働いているのが好きなので、子育てが終わったらちゃんと働きたいなぁ、と思っていました。
できれば高校卒業くらいまでは、今の環境を壊したくなかったのですが、少し早くなったと思えば、こんなものでしょう。

今のご時勢を考えればすぐに見つかるとも思えません。
のんびり自分と対話しながら、探しながら行こうと思います。


プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード