スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥かなるケンブリッジ 一数学者のイギリス


『遥かなるケンブリッジ 一数学者のイギリス』(新潮文庫 藤原正彦/著)

タイトルにもあるとおり、数学者の留学記です。
留学と言っても学生の留学ではないので「武者修行」というのが正しいのでしょうか。
実績を積んだ研究者がイギリスはケンブリッジ大学に「道場破り」行くような、そんな印象を受けました。
なぜなら、「日本人たるものイギリスに舐められてたまるか」という気負いのようなものが作品のそこかしこににじみ出ているからです。

私はおそらく同時期に同じような立場で留学していた林望という書誌学者のエッセイを読んだことがありますが、
林望の描くイギリスの感じとはだいぶ違う印象を持ちました。

その理由を少し考えてみたのですが、林望は国文学(日本文学)が専門で藤原正彦が自然科学の数学が専門であったことも原因のひとつだと感じました。
あとは「学ぶ」と言う目的ではなかったこともあると思います。
私の周りには中国に留学したりした人もいますが、基本的に「学びに行く」という立場なので藤原さんとは同列で比較することは出来ません。

林望も家族連れで渡英しましたが、(程度には差がありますが)子供が学校に馴染めない、という経験を藤原さんと同様にしています。
やはり親の心が子育てにも表れるようで林望が担任の先生を信頼し細やかな交流を持って危機を乗り切ったのとは対照的に、藤原さんは息子さんにも「やられたらやり返せ」と厳しく接します。
そこにもやはり気負いが感じられました。

藤原さんのような人と自分とを一緒にするのはおこがましい限りですが、私も子育てしながら家族の都合に合わせて仕事を選んできたのですけれど、職場を変えるたびに「主婦だからって何も出来ないと思うなよ」と言うような、変に肩肘を張って暮らしていた時期がありました。
多分、これは自分の性格に拠るところも大きいと思うのですが、そういう時はなんとなく周りと上手くやれなかったり、頑張りすぎて空回りしたものです。
ただ、そういうときは自分自身「舐められないように」頭を使います。
年取ってからの「(若い者に)舐められないように」はちょっと迷惑な気がしますけど、若いときだったら許されるのではないでしょうか。

そんな「気負い」で凝り固まっていた藤原さんも日本に帰国するときには「(あえて言いますが)イギリス人」との別れを惜しみます。
そのときには当初あったような「気負い」は全く感じられませんでした。
1年前の単なる「イギリス人」ではなくなっていたように感じました。

このエッセイは「数学者」としての立場で書かれています。
職業としての数学者というのは、私などにはまるで縁のない世界のことではありますけど、すごく人間らしいところが率直に書かれているのが非常に親しみを感じられるところでした。
そして、いわゆる「文系」といわれる人たちは、こう言うのを多く著したりしていますけれど、「理系」と言われる人たちはあまり多くを語らないように思います。
そういう意味で読んでみてよかったと思える本でした。

スポンサーサイト

ムスコ、その後【進学・・・か?】

その後のムスコですが、やはり塾には行きたい様子。
中学時代のお友達が行っている塾の聞き取り調査をしたらしい。

先週金曜日に「ちょっと、出かけるわ」と言うので「どこへ?」と聞いたら。
「塾にパンフレット貰いに行ってくる」と。

へ~、さすが一人で行くんだ・・・と感心しつつ、送り出しました。
旦那が戻ったので、私はジムへ。帰ってきたら、旦那がパンフレットを見ながら電卓をたたいていました。

いくらかかりそう?と聞くと、ちょっとびっくりするような金額が書かれていました。
ムスコはお風呂に入っていましたので、旦那に「さすが高校生ともなると高いねぇ・・・」と声をかけると、
旦那も「本人は週2回通いたいらしいけど、週1では駄目かなぁ」
「大学に行くにしろ、専門学校にしろ進学したらその後のお金もかかるよねぇ」
「お金貯めないといけないもんね」

・・・二人でいろいろ話し合った結果。
生活費を切り詰めて、なんとか週2回分を捻出することにしました。
理由は、やはり本人の気持ちかな~。
私がいない間、旦那が息子と話したようです。

そうしたらムスコ曰く
将来、希望する職業に就くには(具体的に考えているようです)大学がどうしても必要。
勉強も生活もきちんとして、推薦を狙っているから今から頑張らないといけない。
だから毎日は無理だけど部活も行っているし、学校も休まないように気をつけている。
だから、1年半頑張らせてください。

道理で、最近部活にもせっせと行っているのか。
旦那は「2年になって後輩が出来たから部活も楽しくなったんじゃない?」といっていたけど、
私は息子が意味もなく行動する奴ではないと思っていたので「何か考えているなぁ、きっと」と思ってみていた。

・・・案の定、である。

学費はある意味固定費だし、学費と食・住以外は彼のバイトでまかなってもらうことになる。
だから高校を卒業したら彼の突発的な「○○が必要になった」に振り回されることなく家計管理もできる。
そうすれば、先も見えるのでこんな風に振り回されるのも本当にあと1年半の事。
・・・ってか、冷静に考えれば高校時代が一番こういう時期なんだろうな、と思う。
旦那も言っていたのだが、こんな風に夫婦で話し合う機会も、もう何度もなくなるだろうなぁ。

そういうわけでちょっぴりたくましくなったムスコを喜ばしく思うとともに、少し寂しさも感じている。

お勉強が得意でない子の進学について。【わが子限定】

1年生の終わりごろから「なんか最近大人になったなぁ」と思い。
(そのときは気配だけ。)
2年になったら、こっちもいい加減腹が据わってきたこの2ヶ月。
驚くべきことに、この間、休みは1日だけでした。
そして中間テストはオール90点以上を取るにいたり。
朝も起こさなくても起きるようになり。
ぐんぐん変ってきた息子。

何がこいつを変えたのかは良く分からないけど、親としてた非常にうれしい今日この頃。
先日驚くべきことを言い出しました。

「おれ、大学に行きたい」・・・お前さ~。だったら中学校からもう少し勉強しておけばよかったのに・・・という言葉をぐっと飲み込みました。
息子の学校は工業系の専修学校高等過程。
ほとんどの子が3年間で技術を積んで資格をとり、就職を目指します。
4分の1くらいはその後さらに専門学校で勉強をしますが、大学に進学する生徒は学年で10人いるかいないか・・・。

よくよく話を聞いてみると、大学生活に対する憧れがあるようで、何を勉強するのかは、いまひとつ具体的になっていないよう。

私はてっきり就職すると思っていたから、「やれやれ、あと3年で楽になるわ」という気持ちもありました。
それから、頭が固いようですが大学は勉強するところという気持ちもありました。
だから、ムスコの思いは私にしてみれば「甘い」の一言・・・なんですけど・・・。

でも、親の思いは複雑です。
せっかく思っているのだから、頑張れるように助けてあげたい、というのも正直な気持ちです。

話し戻って、ムスコも自分の置かれている立場は少しはわきまえているようでした。
話の目的は「大学に行きたいから塾に行かせて欲しい」ということでした。
学費の上にさらに塾となったら毎月の出費がバカになりません。
そこも頭がいたいところです。

しばらく考えて・・・私の答え。

塾に行きたいなら、自分で探していらっしゃい。予算もあることだからいくつか候補があると助かる。
あと我が家の方針として、高校までは何があっても出すと決めていたけれど、大学はそうではない。
目的も無く、勉強する気もないのに進学させるほどの余裕はない。
だから親を納得させられるだけの目的がないと認めない。

これを聞いてどうするか、ムスコ。
親は内心ハラハラしながら見守ることにします。
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。