スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ドックを受けました。

先週の水曜日(25日)に人生初めての人間ドックを受けました。
普通の健康診断にもある、身長・体重・血液検査・聴力・視力・血圧などのほか、腹部のエコー検査、婦人科がん検診(乳がんは触診とマンモグラフィーの両方と子宮がん検診)肺活量、胸部レントゲン、心電図そして・・・胃カメラと脳ドック。

もともと緊張しやすい私は血液検査の注射だけでも心臓バクバクです。
心電図を測る前には「胸が苦しくなるとか、動悸がするとか、ありませんか?」と聞かれました。
「大丈夫です」と答えつつも今まさに「心臓バクバク」状態。
検査に影響が出ないか心配でした。

腹部エコーは妊娠以来。見ている場所は違うのですが、ちょっと不思議な感じ。
前日9時から絶飲食だったのでお腹が鳴らないか、また心配。

胸部レントゲンは面白かった。普通に背面からとるのと、横からの撮影と両方でした。
横からの撮影のときは腕を耳の横にまっすぐ上げて、その姿勢のまま45度前鏡に。
検査とはいえ、ポーズの面白さに笑いがこみ上げてきました。
ムスコが小さかったときのレントゲン検査で、検査を怖がる息子に
「写真を撮るんだからね、笑ってないと可愛く撮れないよ」となだめた覚えがありますが、このポーズだったら喜んで検査したかもしれません。

そして、本当に嫌だった胃カメラと脳ドックです。
通常、胃カメラは鼻から通すのと口から通すのと選べるそうですが、わたしが受けた病院は口からでした。
まず胃の内部を綺麗にする水薬をコップ半分ほど。(スポーツドリンクに塩を入れたような味。冷えていないので余計不味く感じました)
喉の麻酔を喉の奥に流し込んで3分間飲み込まないように我慢。
(酷い味の上に3分間喉にためて置くので、つらかった)
胃の動きを抑える注射(だったと思います)をして検査室に呼ばれました。

横になって寝転んで、マウスピースを銜えてそこからチューブをいれました。
喉を通るときが一番苦しく、検査中も喉のチューブが気になるとむせる感じで大変でした。
モニターで自分の胃の内部が見られるのですが、そんな余裕はありません。
多少、胃が荒れていると言われましたが、前日から絶飲食、なおかつ検査の心配による心労が原因で荒れるんじゃないかと思いました。
検査が終わったあと、検査をしてくれた先生に「感想は?」と聞かれましたが「感想も何も・・・」と、素で答えてしまいました。
胃の写真の一部をプリントアウトしてくれました。
その後、麻酔が切れるまでの1時間は飲食禁止。
脳ドックが胃カメラ終了後2時間で始まりましたので、結局、お昼も食べる時間がありませんでした・・・といっても、食べる時間があっても食べる気にはならなかったと思います。
水分は取りたかったので、珈琲とオレンジジュースを立て続けにのんで脳ドックに臨みました。

脳ドックはMRIに入って25分間。横になっていれば終わります。
ただとても煩い。すごい音がするのです。それでも疲れていたのは半分くらいは寝ていたと思います。

8時半から2時くらいまでの人間ドックはこうして終わりました。
そうそう、5月頭からの運動のお陰か体重を図ったら3キロくらい減ってました。よかった。

スポンサーサイト

辞書を被災地に

震災から2ヶ月半がすぎ、まだまだ進行中のもの、落ち着きを取り戻したこと、悲しい出来事・・・毎日さまざまなことがニュース上に、ネット上に載せられています。

そんな中、こう言う活動を紹介されたブログ記事がありましたのでご紹介します。
http://ancientchina.blog74.fc2.com/blog-entry-412.html
被災地では勉強道具を買い揃えることもできないまま勉強を続けている生徒が多いと想像されます。
もし、ご自宅に主旨に沿う辞書があればよろしくお願いします。

私も語学を勉強する一人として、辞書の大事さは理解しているつもりでいます。
しかし、我が家の辞書は残念ながら「中古」とお断りしてもお譲りするのがはばかられるものしかありません。
ですから、自分のブログやツイッターを通してご協力できれば、と思います。

どうぞよろしくお願いします。


???で本を購入してみました【届きました】

かねてから、チャレンジしていたアマゾンでの本購入。
注文がとおったことで喜びもありましたが、手元に届くまでは安心できず、何度も貨物追跡履歴をチェックして到着を待っておりました。

荷物はユーピーエス(http://www.ups.com/asia/jp/jpnindex.html)という輸送会社が請け負っていました。
それによると、北京を出た荷物は上海にとび、さらに中国国内の一箇所を経由して、韓国はインチョン空港へ。
それから大阪に入って我が家へ、という旅行だったら最高!というルートを通ってやってまいりました。

実は先週の金曜日には我が家に届けてくれていたようですが、あいにく不在。
ポストに入っていた不在者票には次にくるのは月曜日、と記されていました。
宅急便だったら、連絡したら希望の時間に届けてくれるのに、とちょっとびっくりしました。

でも、そこはよくしたもので残されていた不在者票に次回も不在の場合はどうすればよいかを指示する欄がありました。
今回の荷物はポストに入る程度でしたので、ポストに入れるの欄にチェックをつけ、念のため「ポストに入らない場合は玄関先に置いておいてください」とも書き添えました。

帰ったらポストに荷物が入れられ、改めて不在者票も添えられていました。
備考欄に「郵便受けに入れさせていただきました」というメモも添えられていました。

本は簡単な緩衝材に包まれ、ビニールの運送会社指定の袋に入れられていました。
納品書を見ると、書籍代26.60元と郵送費170元が請求されていました。
クレジットの明細を見ると、そのときのレートで12円/元くらいで日本円に換算されて請求が入っていました。

送料が半端なく高いですが、日本の取次ぎの本屋さんに頼むより断然早いですし、日本円に換算して、今回は1冊2400円程度。
値段的にもあまり変らないように思います。
アマゾンなので、選びやすいですし、比較的良い買い物ができたと思います。

その後、アマゾンからはダイレクトメールが頻繁に届きます。
今、日本で中高生が好んで読んでいるライトノベル(アニメの原作にもなっている)も中国語に翻訳されて売られているのを発見。
そのリンクを開いて息子に見せたら、興味深く覗き込んできました。

亚马逊で本を購入してみました【成功した・・・?】

先日、アマゾンでの購入に失敗したあと、ためしにもう一度同じ手順でやってみました。
(失敗したときに自動配信mailでは原因が分からなかったため)
もう一度やってみて、それでも撥ねられたら無駄な努力はやめようと思い、最後の一回のつもりでした。

そうしたら・・・通りました。(何故?)

5月2日(今日)発貨されたとのmailが届き、6日には届くとのことです。

何度も言いますが、何も変えていません。
クレジットも前回のままだし(当然)
他の支払い方法が選択できないので(現金支払いは当然駄目。中国で銀行口座を持っていませんのでそれも駄目)変えようがありません。

届いたら、またお知らせします。

スマートフォンで中国語

3月に、まもなくサービス終了となる携帯からスマートフォン(IS03)に買い換えました。
mailもネット閲覧もパソコンに依存していましたので、携帯は正直なところ「もっているだけ」状態。

たまに鳴ろうものなら、「何事か!」という感じ。
(そもそも保育園、学校からの緊急連絡用として所持するようになったものので)
それがスマートフォンになって、ネットの閲覧もパソコンと同じようにできるようになったし、mailもパソコンと同じように見られるということ。
そうやって、いろいろいじっていたら、スマートフォンで音楽が聴けるらしいことをキャッチしました。
(そもそも私の携帯では音楽などは聴けませんでした)
そこでCDの中国語音源も聴けるのではないかと思い、やってみることにしました。

KDDIのサイトを見ると、AUでは「リスモ」というソフトから、音楽や映像の購入をしたり、聴いたり、携帯にデータを移動させたりできるということが分かりました。
そこでTVで見た「リスモ」のCMの意味がやっと分かりました。
それからムスコがiPotを使っているので、iTunesというソフトはauのリスモと同じと思い至りました。

さて、ここからが問題です。
携帯に音源を移動させるのに必要なものはわかりました。
それらをパソコンにダウンロードして、CDの音源をリスモに入れました。
次はスマートフォンをパソコンに認識させるのに一苦労。

まず、携帯ロックをパスワードではなくロックナンバー変え、USB接続モードを「高速転送モード」に変更。
設定を触れば良いことは分かるのですが、設定のどの項目にそれがあるのか、いつも探して手間取ります。
慣れればそんなことは無いのでしょうけれど。
(あとは取説をしっかり読め、ということも)

そうして無事にスマートフォンをパソコンに認識してもらい、何度か設定の問題ではじかれるのにもメゲズにようやく取り込むことができました。
イヤホンはダブって購入してしまって余っていたのをムスコから譲り受けました。

これで準備は整いました。
しかし、これまで「持っているだけ」だった携帯を「使いこなす」方向に持っていけるのか、そこが問題です。
せいぜい活用して、自分が使いやすいようにしていこうと思います。
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。