FC2ブログ

アーカイブモード [2011年02月 ] 記事一覧

春の童話

《春の童話》(遇羅錦:著 押川雄孝・宮田和子:訳 田畑書店1987年)先日、図書館でセミナーがあったのでその待ち時間に見つけました。遇羅錦の両親は右派とされ、その兄遇羅克も27歳で文革のさなかに銃殺刑になりました。あの時代の中国では大変生き難い立場であったことが分かります。生きてゆくために愛の無い結婚をし、その生活の中で下放された知識人の青年と親しくなります。彼女にとっては初めての恋でした。そしてやっと...

右サイドメニュー

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近の記事