スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーランスのジタバタな舞台裏

元SEで、現在は執筆活動をされているきたみりゅうじ氏(http://www.kitajirushi.jp/)のエッセイを読みました。

『フリーランスのジタバタな舞台裏』(きたみりゅうじ著/幻冬舎文庫)

本の内容はきたみ氏がサラリーマン生活を脱し、フリーランスの生活を始め仕事が軌道に乗るまでのあらましです。
きたみ氏は30歳で会社を辞め、これまで副業としてやってきたイラストや執筆活動を生業にすることにしました。
そして2年後ベストセラーともいえる本をかくことができた・・・という、結果だけ見ればサクセスストーリーなんですが、成功までの間に考えた焦りや葛藤は、期間の長短はあれ必ず通る道であるようです。

とにかく、私も身に覚えのあることばかりです。
仕事のめどが立たなくて、アルバイト求むのビラを見ては、1ヶ月の稼ぎの皮算用をするとか。
プログラマを辞めたのに、在宅でプログラミングの仕事を請けたら結構なお金になり心が揺らぐとか。
でも彼はここで思いとどまるのです。

「もしバイトをはじめたとしたら、確実に毎日四時間がそこに食われていくことになる。(中略)それではフリーランスになる前と、まるで何も変わっちゃいない。」

私は中国語で食べられるほどの力も備わっていない。
だけど中国語で何かしたくて、それには勉強しなくちゃいけなくて、でも勉強するにはお金がかかって、生活があって、子供もいるし・・・とまぁ、結局のところ「言い訳」なんですけれど、とにかくこの種のことには、ここ十数年間迷いっぱなし、と言っても過言ではありません。
迷って迷って決断できないうちに、いつの間にか今の状態。
それを後悔しているのか、と言われるとそうでも無い・・・多分私にはこれが精一杯だったんだろうと今は思うけれど、とにかく身につまされるのです。
そしてそういう考えに至った、きたみ氏は、自分にこう言い聞かせます。

「自分を大安売りしちゃいけない。少なくとも、まだそんな時期ではない。そう思い直した。」

一口に「そんな時期ではない」と言っていますが「そんな時期」が来る前に仕事が軌道に乗ったのはラッキーなだけでは決してないはずです。
ですので、もともとの器の違う私は自分を切り売りして食いつないできました。
切り売りせず、その場に飛び込んでいれば今とは違った生活をおくっていたかもしれません。
でも・・・分かりませんけれど、少なくとも私は、自分の環境と能力ではこれが精一杯だったと思います。
ゴールがあるとしたら、そこに至るまでの葛藤とどういう向き合い方をするかによって到達する場所が違ってくるのは間違いないと思います。
ただ、人生が面白いものだと思うのは、望んだ結果がその人の幸せと直結するとは限らないということ、たどり着いた場所が当初望んだものではなかったとしても、不幸とは限らないこと。
負け惜しみではなく自分自身の腑に落ちた時がゴールなんではないかと思うので、この本は単なる成功譚として捕らえず、きたみ氏の腑に落ちた結果がここであったことが分かります。
なぜなら、最後にこう書いているからです。

『ちゃんと自分の足下には、しっかりとした地面がある』



スポンサーサイト

史鉄生逝世了

非常有名的中国当代文学者史铁生,2010年最后一天逝世了。

http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010123101000385.html

我的书架里有一本书,那是"史铁生自选集"

史先生说;这是不是说天堂不能成立?
是不是说走向天堂是一种欺骗?
我想,物质性天堂注定难为,而精神的天堂恰于走向中成立,永远的限制是其永远成立的依据.
形象地说:设若你果真到了天堂,然后呢?然后无所眺望都证明到达地并圆满,而你若永远地走向它,
你便随时都在它的光照之中。

我想他正在开始永远地走向天堂,他肯定走在天堂的光照之中那条路。



あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

皆様、良いお正月をお過ごしですか。
私は元旦は実家に帰りました。弟夫婦も来ていましたので両親も含めて7人でお正月を祝いました。
息子が高校生ですから、大人たちは自分たちが高校生だったころの話をして、息子も興味深く聞いていました。

そして今日はあまり整理されていたなかった本の整理をしました。
所蔵する本に対して収納が非常に小さいものですから、すぐには読まない本などを箱に入れて押入れにしまってあります。
数年に1度はこれらを入れ替えないと押入れに入ってしまった本はいつまでも忘れ去られることになります。
それで本の整理をしたのですが、その中に同じ本が2冊あったり、買おうと思っていた本なのなのにすでに持っていたりしたものがありました。
これは非常に恥ずかしいことです。
今回は現代中国文学の研究書やそれに関連する原書などをすぐに手に取れるように、本箱に移し、古代関係や雑誌のバックナンバーなどはまとめてしまいました。
当代のものも今のところは、すぐに見るつもりはないのでそれもしまいました。
それから、テキスト類。やり終えた中国語の学習書は処分しました。
辞書も一部は処分。
辞書を処分するのはかなり勇気がいるのですが、今は電子辞書を使うことが多いし、実際そのほうが便利なので電子辞書に収められている物は一部を除いて処分することにしました。
その代わり、いくら古くても電子辞書に入っていないものは残しました。

あとは文庫本を十数冊。
これは心置きなく読み終えたものを取り分けました。

それらを携えて近くの古本買取チェーン店へ。
そうしたら見事に文庫本しか買い取ってくれませんでした。
買い取ってもらえなかったものは別の店へ持っていくつもり。
そこでも買い取ってもらえなかったら・・・どうしよう。仕方ないから資源ごみかな・・・。もったいない。

そしてBookListを更新しておしまい。

今年の目標は具体的にはいまひとつ定まりませんが、あまり大きい目標を立てるのも何なので、毎年変わりばえしませんが目の前のものをコツコツと、と思っています。

あ、忘れてた。ダイエット。これは大きな目標です。
年末31日にアマゾンでタニタのヘルスメーターを購入してしまった(笑)
しかも1日に届くようにお急便で。
ですから、これは頑張らないといけません。

そういうわけで、本年もどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。