スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お掃除も終わったので。

大掃除も終えて、ちょっとのんびりしています。
今日は紅白を見るつもりをしていたのですが、じゃんけんで負けて(笑)とある裏番を見ることに。
正直、全く興味が無いので普通に大晦日を過ごすことになりそうです。

で、ぼちぼち来年に達成すべきものを書き出して。
それにかかるであろうお金を書き出して。
ちょこちょこ計画を練っていました。

まず、仕事としてはVBAを習得したいというのがあるので、スクールにかかるお金を計算してみました。
1講座8万ということなので、これは毎月貯蓄に回している分を崩して当てようと思います。
差額分は何とかするとして。
次に中国語。
毎週通っている中国語は会話中心なので普段は音読を中心に勉強しようと思います。
以前通っていたスクールのテキストで遣り残してあるのがあるので、それを改めて取り出すことに。
それ以外にも、多分忘れているので改めてやり直してもいいかな。
多分、これまでにやってきたものを全てやり直せばだいぶ力になると思う。
結局、語学は積み重ねだと思うので。
それと以前あげた問題集。
これ以上は多分出来ないと思います。

そして精神的に余裕が出来たら、また京都に行こうかな。
最近、大学の情報を見ても、中文の先生の名前を見ることが少なくなりました。
多分講義を聴講しなければお会いする機会が少ないのではないかと思っています。
あとは研究会も。
やりたいことは山ほどあるのですが、子供の様子を見ながらなのでどれくらい達成できるのかは未知数。

しかたない。こういう時期だと思って焦らないことにします。


スポンサーサイト

一年を振り返る。

今日は12月30日。今年も残すところあとわずかです。
ちょっと早いですが、一年を振り返ってみようと思います。

今年は息子が中3。
とにかく大変な年でした。
成績も「つるべ落とし」の状態で、普通に中学生活を送ってきた私には戸惑うことばかりでした。
ここまで反抗するということは、多分、なにか思うところがあると思うし、
干渉すればするほど良くない方向にいくのですから。
「時間薬」・・・彼の様子を注意深く見守ろう・・・と思ったのが、なんと10月も終わりになった頃。
ここまでが長かったです(笑)
今は平穏無事とは言いませんが、なんとかやっています。

そういうわけで自分の勉強にはあまり力を注げませんでした。
翻訳はとりあえず終えることが出来ました。
でも自信にはならなかったです。
もっと丁寧に出来たら、ということは思わないでもないけれど、多分力不足の言い訳でしょう。
丁寧にやるにはそれだけの能力が無いとできません。
まだ「無知の知」を知るところにも達していなかったということだけ分かりました。
確かに良い記念にはなると思います(笑)

仕事のほうは順調・・・かもしれません。
これまではどこに勤めてもどこか他人事というか、自分は自分と思っていたのですが、
今年はなんとなく「長く勤めるのもいいかな」と思うようになりました。
年をとった、ということかもしれないけれど、悪くない変化だと思います。
ただやっぱり「会社以外でも通用する個人でありたい」という気持ちは依然としてあります。
それが何なのかは、まだ決めかねています。

・・・ってわけで、2009年の総括はおしまい。
来年2010年は。

母としては、これまで以上に子供の変化に敏感でありたいと思います。
そして少しずつ手綱を子供にもう一度返そうとおもいます。
思えば中学になって少し親が安心しすぎていた部分があったかもしれません。
それからもう少し「待つ」ことを私自身、覚えなければいけないかもしれない。
彼はかなり「ゆっくり」なので。
子供のペースを見誤ると子供は悪い意味で早く大人になるのかもしれません。

個人としては「組織以外で通用する個人」となるために努力したいと思います。
あとは健康管理とダイエットかな(笑)
運動不足だし。
そんな感じです。

メリークリスマス

あっという間に、今年もクリスマスがやってきました。
イベントとして祝わなければならないチビ介も若者もいない中途半端な年齢の我が家にとって、クリスマスはただの一日に過ぎません。
でも、街のイルミネーションのニュースとか、名古屋港で花火が上がるとか、スーパーで山積みされている鳥の丸焼きなんかを見ると、少しだけHollyな気分になります。

やっぱり勉強が嫌いな息子は進学先として専修学校を探してきました。
親としては普通に高校に行って欲しかったけど、自分なりに身の丈にあったところをと考えたのだと思います。
これでしっかりと前向きに頑張ってくれるといいんだけど。
心配はつきませんが、結局は本人の問題なので、本人が決めたところが一番だと思っています。
あと一ヶ月で入学試験、上手く行くといいです。

そして私のほうはと言いますと、先日購入した竹内好訳の魯迅文集を読んでいます。
中国語でみる野草は字面を追うだけで、ふ~ん・・・という感じでしたが。
日本語で読んでも難しい。
暗示ばかりで訳が分かりません。
でも腑に落ちたのもいくつかあって。
《意見発表》の章はそのとおりだよなぁ、と思いました。
今でも普通にある処世術の一つなので。

あぁ、それから今日の日経の文化面に日本でダーウィンの進化論を翻訳した、丘浅次郎について書いてありました。
厳復の『天演論』と関係があるので、興味深く読みました。

そんなこんなのクリスマス。
家族みんなが健康で、いろいろあっても大抵は笑顔で過ごせて、仕事もあるからそこそこ緊張感のある生活が出来る。
これに勝る幸せを望んだらバチがあたるんじゃないかと思うクリスマスです。


年内最後の中国語

今日は年内最後の中国語でした。
年末が近づいて週末に予定が入ることが多くなって。
先生に申し訳ないなぁ、と思っていたら、来週末から帰国するとのこと。
こっちに戻ってくるのは年明けということなので、自動的に今年の授業は今日でおしまいということに相成りました。

今年はあんまり真面目に勉強が出来ませんでした。
授業の内容も購読に終始してあんまり言葉を深くやらなかったなぁ、というのが反省点。
辞書を引く頻度もちょっと減ったような。

つまり丁寧に勉強してこなかった気がするんですよね。

そういうわけで、来年からはもう一度基本に立ち戻ろう思いました。

使うテキストは、これ↓

『練習中心 トレーニング中国語』(白水社 竹島金吾)

これを練習問題だけでなく、丁寧に勉強しようかと思っています。
使い方としては例文が多いので一語一語辞書を引きながら意味を確認して、訳。
その後暗記、という流れにしようと思います。
一つのテーマに5~10程度の例文があるので、短いもので一週間で20句、長いものだったら10句くらい覚えれば上出来でしょう。

一週間で10~20句というのをコンスタントに続けたとして、だいたい1~1.5P。
そうすると1年に終えられるのは多くて70ページ前後。
トータルのページ数が145ページなので、だいたい2年かかります。
サボれば当然もっと時間がかかりますが、成果は期待できると思います。
・・・てか、この方法って以前日本人の先生に中国語を習っていたときの方法、そのままなんですよね。
その先生のやり方は自分にとてもあっていたので。

そういうわけでとりあえずウォーミングアップ。
予習と復習が欠かせなくなるので、両方のバランスをどのようにとればいいのか年末にいろいろ試してみようと思います。

中国近現代史

翻訳からもすっかり手が離れて10日がたちました。
あまり根を詰めていたわけではないのに、終わってみたら少々時間をもてあましています。
かといって、以前のように朝3時に起床という生活からも遠ざかって久しいので久しぶりに早起きをすると昼間が眠くて仕方ない(笑)

そんなわけで、まだ助走気分が抜けませんが、お昼休みの時間とか少しずつ読みすすめたのがこの本です。

『中国近現代史』(岩波新書 小島晋治/丸山松幸著 1986年)

発行年が1986年ということで、内容としては1982年くらいまで、年譜は1793~1985年までになっています。
時期としてはアヘン戦争(1840年)くらいから。
中国史もそうですが日本史をみても、この時期はいろいろと大変です。
中国はアヘン戦争で負けて以降、列強の侵略の歴史に入ります。

今、NHKで『坂の上の雲』を放送していますが、国を強くするために外国から貪欲に学ぼうとする青年の姿が描かれています。
司馬遼太郎の作品は情緒的な感じがするので、ドラマも熱血的です。
秋山兄弟とこれからどんどん伸びていこうとする国の姿がダブって見えます。

まぁ、ドラマと比べるのは間違いかと思うけど、それを差し引いても日本の近代化より中国の近代化のほうが厳しいもののように見えました。
日本は明治初期に西南戦争を終えたことで内戦から解放されたけれど、中国は中共と国民党の内戦とずっと平行して外国と戦わなければならなかったから。
それから日本は日露戦争・日清戦争・・・と第二次大戦までは負けなかった・・・つまり外国からの侵略を受けなかったけれど、中国は負け続けた。
そういう苦労が見え隠れします。

なんか上手くまとまらないな。
頭が「書く」ことから遠ざかっていたからかな。
言いっぱなしだけど、今日はこれで。

そろそろ

来週には子供の志望校が決まります。
あとは合格に向けて本人が頑張るだけで、親のできることもそろそろ残り少なくなってきました。
ぼちぼち勉強を再開しようかな、と思っています。
とりあえず、朝5時くらいに起きることから始めます。
まずは時間の確保。
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。