当代

皆様 おはようございます。
リポートがまとまってきたのでご機嫌で筆を進めております。
・・・いまは「筆が進む」なんて言わないかなぁ・・・(笑)
こういう慣用表現ってツールが変わると変化するんだろうか・・・などと変なことを考えてしまいます、が。
それは別の話し。

今日は雑誌《当代》のことです。
雑誌《当代》は季刊誌で年に6回我が家に送られてきます。
人民文学出版社が発行していて中国書籍を扱う会社で注文すると中国から送られてきます。
年間購読しているんですが。

正直、ほとんど読んでおりません(爆)

これを読むことは優先順位としてはかなり下位。
届いてもぱらぱらめくるだけで、書棚の片隅に押し込められております。
そんな不当な扱いを受けている《当代》なので。
「読んでないなら、とらなきゃいいじゃん。もったいないし」と思わないでもありません。
でも、最新の号にこれが載ったんですよね。

賈平凹(かへいおう)

『高興』という長編なのですが、これって初出かなぁ。

内容は残念ながらまだ読んでいませんし、たぶん読むのはずっと先になると思いますが。
こういう雑誌を購読する意義としては、(おそらく)初出の状態で作品に触れられる、ということがあります。
賈平凹(かへいおう)の作品は将来何らかの形で書籍化されるでしょう。
彼に限らず、雑誌に掲載された作品が書籍化されることは考えられます。
そのとき作品に変化があったとしたらどうでしょう・・・?
そういうのが見られたら面白かろうなぁ、と思ったのが購読のきっかけです。

しかし、これは自分でも分かっているんだけど。
雑誌っていろんなところから沢山の種類が出ています。
1種類だけ購読したって、何の意味も無いかもしれないんですよね・・・ってか、意味が無いことのほうが多い。
(その上、私は届いても読んでないし)
でもさ~、思うんですよね。
中国から雑誌が届いて、その梱包の仕方を見たり。
雑誌のデザインを眺めたり。
そういうのを見ることでなんとなく「今」の文学作品や中国に触れていられる・・・ような気がするんです。
(・・・でも、何度も言うようですが、読んでないし)

以前、新青年を影印版で購入しようとしたときも同じ気持ちでした。
全部を読むわけじゃないけど、そのままのものが欲しいなぁ、と。
そのときの空気に触れてみたい、ただそれだけでした・・・が、10万は高いのでダイジェストで手を打ちましたが(現実は厳しい)

雑誌購読は中国語の勉強に役立つとか・・・そういうこともあまり考えていません。
沢山購入するお金もないし、保管する場所も無いので、とりあえず《当代》。
(とりあえず、の意味もよく分からない)
そんな感じです。

つまり結局のところ。
今回の件で言えば。

賈平凹(かへいおう)の新作を日本で誰よりも早く見たよ、というミーハー感覚。
それから、将来、書籍化されたときに「あたし、これ知ってたもんね」というみみっちい優越感。

・・・笑ってくださいな、皆さん。


そうそう、もう1つ購読しているのは《巴金研究》
これはどういうわけか、休刊中です。
書店から案内が来てました。再開の目処は立っているんだろうか。
私はこういうことも値段の範囲内だと思ってます。
1年分先払いなので、損と言えば損なんだけど。
こういう状況が体感できるのも面白いではないですか。
東方書店から届いた案内はがきを保管しておけばよかった。
しまったなぁ・・・。


スポンサーサイト

仕事を持って学ぶということ。

皆様 こんばんは。
先日の学習会でですね。
話題となったことがあります。
通信の場合は、仕事を持ちつつ学んでいる人が多いのですが。
私はこれまで「時間のやりくりが大変じゃん」ってことが一番の問題だと思っておりました。
確かに時間のやりくりは大変です。
でも、それは自分の選んだことであり、自分で何とでもなるものです。

自分ではなんともならないもの。

・・・それは人間関係。

先日も上司との面談で「大学に行っている目的は?」などと聞かれてびっくりしましたが。
今回、学習会の懇親会で他学科の人と話したところによると。
こういうのって私だけのことではないらしい。

ある方は。

職場にはここに通っていることは「内緒」なんだそうです。
何で?と聞く私に、その方は。
「だって、会社を辞めて別の方向に行くんだと思われると困るもん」
・・・・確かに。
私は組織で重要な地位にあるわけでもないし、将来を嘱望されているわけでもないので気楽なもんですが。
それなりの立場の人が変に誤解されると組織の中での立場が危うくなることは理解できます。
あと、うっとおしいなぁと思うのは揶揄された時。
私は根が素直(?)なんで最初のころは揶揄されても皮肉られてもあんまり気がついてなかったんですよね。
でも最近、思うんですよ。

「世の中にはいろんな考えや思いの人がいるもんだなぁ」・・・と。

でも、100人いれば100通りの考え方があり。
それぞれの考えにそれぞれの尊重されるべき人生がある。

・・・な~んて、大人の考え方が出来れば苦労はしないな(笑)

レベルチェック

皆様 おはようございます。
3連休はいかがでしたか?

暑さ寒さも彼岸まで

とはよく言ったもので、名古屋もようやく過ごしやすくなってきました。
この3連休。
私は学習会に出席し、近々ある友人の結婚式に着る着物の準備をし。
学習会でもらった資料の整理をし。
溜まった家事をし・・・(?)
実家に顔を出し(お彼岸なので、仏壇に参ってきました)たりしておりました。

そこへ一通のmailが。

そう、先日出したレベルチェックの返信です。

結果。

和訳はまぁまぁだけど中訳はかなりやばいよ。
頑張んな。

・・・・ってわけで。
けっこう悲惨な状況。

また課題が増えてしまった・・・(涙)

ただいま帰りました。

皆様 こんにちは。
学習会から先ほど戻りました。
今回の先生は。
当代文学をご専門にされている先生です。
(御大ではありません。)
当代がご専門ではありますが、現代の言語について関心をお持ちの先生なので、今回は辞書の話や翻訳の話をメインに聞かせていただきました・・・が。
先生が用意してくださった内容は、私も一通りすでになぞった部分だったので、本当だったらもう少し、突っ込んだお話が聞きたかったです。
(長く在籍しているとこういうことが増えてきました)

でも、今回の学習会は無駄だったの?てわけではありません。
やっぱり第一の関心は論文。
それから、先生とのおしゃべりです。
論文については、この先生も時代的に重なることから御大には聞けないことも少しは聞けるかもしれないし、一般的な内容として質問すれば他の学生さんたちにも邪魔にならないだろうと思いまして、いろいろお話させていただきました。

結論から申しますと。

論文は何年もかけるものではないということ。
期限を決めて、現在分かっていることをとにかく形にすること、だそうです。
版本研究にしても、まずは取っ掛かりを学士論文にするのもひとつの手だと教えられました。
それ以後は、大学院に行ってやれば良いでしょう。
大学院が全てではないけれど、そこを目標にするとなんとしても卒業しなければいけないではないですか?と。

・・・大学院かぁ・・・。
確かに友人が院にいますが、そういう位置づけで「大学院」を考えたことは無かったので、ちょっと目からうろこが落ちました。

それから、中国語について。
日本で中国語を勉強する、通信の場合は独学に近い状態でやらなければいけない現実を考えると、一番ネックとなるのは発音である、と。
発音をやりつつ文法の知識を蓄えるためには対訳で朗読のあるテキストを使いなさいと言われました。
あとは中国人ではなく発音を正確にマスターした日本人の先生にチェックをお願いできればしていただくこと、とのことです。
これは私も同感で、日本人の先生のほうが感覚でなく、テクニックとして教えてくれます。
大人になってからの語学学習は、ある程度、頭でテクニックを理解しないと難しいのではないかなぁ、というのは私の個人的な考えです。
それから、たゆまぬ訓練。
何度も何度も読むことで身体に中国語を覚えこませることが必要だともおっしゃっていました。
そう考えると、前に行っていた中国語のレッスン方法は申し分なし、なんですよね。

最後に、今私がやっていることについて。
私は個人的なことは相談しませんでしたが、先生はお見通しだなぁ、と思ったのは。
版本研究の過程について。
私程度のものが版本研究をやると比較することに全てを集中して「だから、なんなの?」という肝心な部分に目が行き届かない、というか力尽きてしまう恐れがあると言うことを心配されているように受け取りました。
だったら、やっている意味がないのではないか?というと、そうではありません、と先生はおっしゃいました。
今後の勉強に非常に力になるとおっしゃっていただけました。
それを聞いただけでも、とても励まされた気持ちです。

それからうれしかったこと。
昨年、夏のスクーリングのときに先生の講義にもぐらせていただいたことがありました。
先生と面識は無かったのですが、一応研究室にご挨拶に行き、少しばかり本を見せていただいたことがあったのですが、なんと、先生はそれをよく覚えて下さっていました。
この先生の講義は「もぐり」も含めて3度。
3度とも大体同じ席に座っていたのですが、そのことも良く覚えていてくださり。
成績まで記憶されていることから察するに。

私って相当出来が悪かった・・・かも・・・(涙)

でも通学の学生とは違って通信は先生と接する機会はあまりなく。
どんな形ででも覚えていてくださったのは私にとっては非常にありがたいことです。
今回の学習会は「勉強」というよりは、先生や同学との交流と言う点で非常に有意義でした。
そしてそれを先生も喜んでおられたように感じられたのがとてもうれしかったです。

学習会

皆様 こんにちは。
今日と明日は学習会です。
京都ではなく、初めての地へ。
近いんだけど、京都に行くより時間がかかりそうです。
内容は。

文学作品を中心に中国語の翻訳をめぐるさまざまな問題を考える。
近現代中国における語彙や辞書を中心とした文化交流についても扱いたい。

・・・ということです。
久しぶりに先生に会えるのでうれしいです。
2日間勉強して、先生ともお話して。
勉強したらまたここでご紹介します。

では。

新しいもの・新しいこと

皆様 こんばんは
9月も中旬を過ぎましたが、まだまだ暑いですね。
最近更新が滞り気味なのは・・・う~ん・・・仕事の心配事があるからかなぁ。
でも今日はちょっと前進したので気分よく帰ってきました。

で、10月から始める新しいこと・もの。
ひとつは10月始まりの手帳です。
システム手帳に変えてみました。
フランクリンプランナーにしてみましたが、スターターパックの部分はあんまり便利そうに思えないし、自己啓発部分は・・・まぁ、いいや。
普通のリフィルを購入してバインダーに入れてみました。
でも、このリフィルって見開きで一日だからやたらとかさばる。
結局3ヶ月分くらいしか入れられず、あとは随時。
ちょっと高い買い物だったけど、とりあえず使ってみようと思います。

それから、新しいこと。
先週、あるエージェントの翻訳コースに申し込みました。
レベルチェックがあったので返送したところです。
和訳は「春節」がテーマでそれほど難しいものではなかったのですが、中訳は・・・どうだろうな。
細かなニュアンスまで伝えるには実力が足りないので、言い回しに背伸びをしない代わりに、なるべく正確にわかりやすく、を心がけたら大変「あっさり」になってしまいました。

エージェントからどういう反応があるのか非常に楽しみです。
たまには評価されないと自分のレベルがわからないものね。

道楽

皆様 こんばんは。
今日の御題は『道楽』です。
皆さんの『道楽』はなんですか?

先日、新しく移動する部署の上司と面談がありました。
今回の移動に際して、その上司に行った覚えも無いのですが、上司のほうから「大学に行っているんだって?」と話をふられました。
知られて困ることでもないので(在学年数は恥ずかしくていえませんが)、「はい」と答えたところ。
「目的は何ですか?」と聞かれました。

そうですよね。
客観的に見て目的もなしにこれだけの大枚を叩き、時間と労力を費やす人もいないだろうなあ。
でもねぇ・・・目的ねぇ。
一番の目的は文学の知識を得たい、ですが、それでは上司の質問の答えになっていないような気がします。
で、しばらく考えた末の答えは。

「道楽です。」

・・・こうとしか言いようが無いんですよね・・・。

翻訳訓練

皆様 こんばんは。
最近、中国語力が低下してきたことはお話しましたっけ?
中国語の通訳訓練をお休みして、かれこれ半年。
課せられないと思いっきり怠け者になる私は。
焦りのみを抱えながら大学の勉強をやっております。
リポートの題材となるのは日本語の本が多く、以前と比べたら中国語に触れる機会も減ったかな。。。
でも、中国語はツールなので出来れば強制的にでも勉強しなければ。
そう思い立ったワタクシは。
懲りもせずに翻訳の通信コースに申し込んだのでありました。

でもねぇ。
以前行っていた先生のところは内容に照らして、お礼が格安で。
そこと比べてしまうとどこもお高い。

え~・・・この内容でこのお値段??

と、文句のひとつも言いたくなってしまうのでありました。
でも復帰が出来ない以上、何か考えないといけません。
今、出来ないことをくよくよ悩むより、できることをやろう。

そう思って、あるエージェントが開講している翻訳コースを受講することにしました。
友人に言わせると「(内容は)たいしたこと無いよ」だそうですし。
お値段だって決してお安くはありませんが。
(半年コースで大学の学費一年分!!)
レベルチェックが届いたので、早速やっております。

この世界では仕事をしてても勉強をするのが当たり前、と思っている人ばかりとお付き合いしてきたので、ある意味これも必要経費かもしれません。


スケジュール帳

皆様 こんばんは。
9月になり少しは涼しくなった・・・ような気はしませんね(笑)
毎日、いやな暑さの日が続いています。
でも、今日は秋刀魚と栗ご飯でした。
大根おろしをたっぷりかけて、ポン酢でパクリ。
ビールをぐっと一口・・・あ~、幸せです。
食欲の秋、なんですけど、そろそろ学問の秋もなぁ。

時間を制するものは学問を制す(自作)

ってわけでですね。
そろそろ手帳が気になってきました。
手帳って言うと、大体12月ごろに購入して早ければ年内から使い始め、そして年明けのスケジュールに備えるという方が多いかもしれません。
でも最近は開始月が4月・9月・10月というものもあるようです。
4月は日本特有かなぁ。年度変わりですもんね。
秋に始まるのは外国にあわせたのかしら。
ほら、外国の学校は秋に始まるところが多いから。

昨年のワタクシは。
有給消化で休みまくってましたので(詳細は昨年10月あたりの記事をご覧ください)気分的にも余裕があり。
そして新天地で頑張ろうという気持ちもあって10月始まりのスケジュール帳を購入いたしました。
表紙はね。
エメラルドグリーン。
この色に見せられてしまったワタクシは。
中身のレイアウトに多少の違和感を感じつつもそれを購入しました。

・・・どうなったかお分かりでしょうか。
使いにくいことこの上なし。
でね、プライベートはグーグルカレンダー。
仕事は会社のウェブ上のスケジュール。
この二つで管理してきました。
でもやっぱりアナログの手帳がまったく無いのも不便なので、仕方なく使っておりました。
で「そろそろいいだろう」ってんで、スケジュール帳を探し始めることにしたのです。

で、その条件。

1.仕事と家庭、学校、勉強・・・全てを一元管理したいので、フリースペースがたっぷりあるもの。
2.マンスリーで大雑把な計画を立てたら、それを一日のやることに落とし込みたい。

つまり。
予定を書き込むだけでなく、自己管理もやりたいんですよね。
本当に私ってば、計画性がない。
面白いなぁ、と思ったら時間を忘れてのめりこみ。
嫌いなものや苦手なものはいつまで経っても手を付けず。
・・・もうそろそろ、ちゃんとしようよ<アタシ。

それでねぇ、sachiさんとこで「フランクリンプランナー」なる手帳があることを知りまして。
別に「リーダー」でも「マネージャー」でもない、ただの「アタクシ」ですが。
これはちょっとやってみるか・・・などと思ったのです・・・

が。

高~い!!スターターキットで・・・い・ち・ま・ん。
これまでせいぜい2000円程度の手帳しか使ってこなかった私にしてみればびっくりの価格なのですよ。
いや、この商品が不当に値段を取っているという意味ではなく、私が手帳にかける値段にしては高いってこと。
これで人生変われば安いもんかなぁ・・・ってか、人生が変わる必要は無い。
ただ、やるべきことが順調に出来るよう、自己管理が出来ればよいわけで。

それにこれだけの大枚を叩くか?<私

皆さんはどんなスケジュールをお使いでしょう・・・。
なんか24時間を使いこなせていないワタシ。

一号機が・・・

みなさま おはようございます。
台風が大変だったところは大丈夫でしょうか。
名古屋は大丈夫でした。
風、雨共にあまり強くなかったし。
ベランダのものを一応片付けていたので、これを書き終わったらまた出さないと。

ところで、今日はわが愛器PCのことです。
私は4年位前に購入したデスクトップ(家族と共有)と今年のお正月に購入したノート(私専用)と2台持っています。
私専用のレッツノートは問題なし。
問題はデスクトップ。
最近、音が非常に大きい。
その上、動作も遅い。

これは尋常ならぬ事態だ、と思った私。
早速ネットで探すと「埃が溜まっているんじゃない」との回答が。

で。初めて開けてみました。
会社のPCは何度も開けて、メモリの増設を(教えてもらいながら)やりましたが。
自分のは初めて。
恐る恐るやってみると・・・あいた!!

ひょ~、やっぱり溜まっているなぁ。

掃除機が機器に触らないように近づけ吸い取れるところは吸い取り。
届かないところはふーふーして(貧血になりそうになりました)

さて中身の見学も終わったし(息子)、閉めようとしたけど・・・閉まらない。

あれ?おっかしいなぁ。
しばらく悪戦苦闘したけど夜も更けてきたところでそのまま終了。
今晩にも再挑戦してみます。


ちょっとドライブ

皆様 こんばんは。
今日は久しぶりに3人でドライブをしてきました。
我が家は共働きの上、相棒は趣味で仲間とバンド活動、私は大学と休みの日は交代で出かけることが多いのです。
休みは二人とも土日なのですが、2日のうちどちらか一人が家にいないか家事に追われているか。
3人そろって出かけることは、ほとんど無いのです。
そんな我が家が珍しく3人そろって出かけようということになりました。
行き先はココ

名古屋から車で2時間くらい。
お目当てはバーベキューとハム・ソーセージなど。
あとは地の野菜です。
のんびり散歩をして買い物をして。
温泉もあるので温泉にも入って。

久しぶりにのんびりできました。
私は基本的に都会のほうが好きなのですが、たまにはこういう場所も気持ちがいいものですね。
ここには「ハンモック」があって木陰で寝ることも出来ます。
子供がザリガニつりをしている間、私はハンモックで本を読んでいました。

何を読んでいたかといいますと。

『孔子』
(講談社学術文庫 金谷治/著)

前にもここで紹介したことがあったかもしれません。
古典があまり好きではない私ですが、孔子は避けて通るわけにはいきません。
この本は彼の人生や言葉のみを取り上げるのではなく、現代中国の「孔子批判」にまで言及しています。
長い中国の歴史の中で「孔子」の位置づけについても書かれているのが気に入っています。
裏表紙にある紹介文には「入門書」とありますが、私は何度も読まなければ理解できませんでした。

そんなこんなで、ハンモックに揺られること2時間。
こんなところに来てまで本を読む、というのも「家族サービス」という点でどうかと思うのですが。
久しぶりに伸びやかな気持ちで本が読めました。
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード