スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切りなおしの巴金伝

皆様 今晩は。
昨日ご紹介した本を参照しつつ。

仕切りなおしの『巴金伝』
この『巴金伝』。
以前、中国書籍の専門店で『魯迅全集』を棚から牡丹餅のように手に入れたときに、一緒に購入したものです。
(http://piaopeng.spaces.live.com/blog/cns!8460D8A1B29D320A!1270.entry)

それ以来、めくっては閉じ、忘れかけたころに気になってまた開く・・・というのを続けておりまして。
やっと、これに本格的に取り組もうと。
私がこれを購入した理由は、中国現代史を照らして、当時の巴金がどういう情況だったかを確かめること。
確かめてどうするかって?

・・・確かめて・・・確かめるんですよ。
自分が狙い定めた年代に社会や彼の情況が影響して作品になんらかの変化が現れていないか、ってことを確かめたくて。
これが的を得ているのか、全くの的外れなのか・・・見当もつきません。

指導を受けようにも、御大は「何か思いついたら、行動に移しなさい。やってみてから聞きにおいで」・・・という感じ。
手を動かさないことには。
研究室の敷居がエベレストよりも高くなります。

ってか、アタシのやろうとしていることって正しいの?
やっているうちに答えが出るでしょう。。。
スポンサーサイト
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。