雍正帝

皆様 こんばんは。
昨日は中日ドラゴンズが優勝してご満悦のpiaopengです。
今年は本当によいシーズンでした。
山本昌のノーヒットノーランもあったし、川上・朝倉も活躍してくれたし、鉄壁の二遊間は健在だし、福留もよく打ってくれたし。
岩瀬は期待を絶対に裏切らないし・・・。デニーは相変わらずかっこいいし(←オイ

あとは日本一になってもらうだけです。
どうか私が生きている間に日本一になって。お願い。
昨日はビールかけをしたい位でしたが、自宅でやると掃除が大変。
お風呂でやるのは情けない・・・ってわけで。

「口腔内ビールかけ」

・・・・な~んて言わずに素直に祝杯をあげました、と言います。


・・・前フリにえらく力が入りましたが。

今日のネタは先日「科挙」の記事のときに夢華録さんから教えていただいた本。

『雍正帝』宮崎市定:著/中公文庫

これのご紹介です。

雍正帝は清朝5代目の皇帝です。
ちなみに4代目は康熙帝。
康熙帝は康煕字典(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%B7%E7%86%99%E5%AD%97%E5%85%B8)で有名です。
私は康煕字典はまだふれたことがないですが、名前だけは知っていましたのでご紹介。

で、その雍正帝。
いわゆる真面目な方でした。
朝早くから仕事をし、夜は地方から届いた臣下からの手紙にいちいち返事をしたとのことです。
そして、彼の言うことには
「朕に対して成人だの何のかのというお世辞の言葉は大嫌いだ。こんな下らぬ手紙は目を通す閑が惜しい。」
「朕に会いに来ても別にこれといって朕から訓辞することはない。用事はすべて手紙で足りる。遠い道程を空しく行ったり来たりするばかりで、その留守の間に政務が渋滞するのが落ちだ」

・・・これは、徹底した合理主義者だなぁ。
ふと、日本の江戸時代にあった「参勤交代」を見たら彼はなんと言っただろう、と思っちまいました。

私も似たようなところがあって、最近深く反省しているところなのですが、人生、遊びの部分もないと味気ないものです。
なりふりかまわず、自分でどんどん進めて行くのは周りが大変。
いや~・・・日々家族を「早く・早く」と追いたて家事の時間をなるべく短縮する上に、時間を切って「時間外労働はしないわよ。のんびりしたければ、後片付けまで責任もってね」と宣言している私としては・・・この雍正帝の姿勢は苦笑せざるを得ません。
(まぁ、それでも彼は本当に心底時間が惜しいと思って、そうやってやりくりした時間を有効に利用したんだと思いますが、私は・・・<以下省略)

そして雍正帝の政治について作者は
「正に善意にあふれた悪意に政治」と評し、独裁政治の絶頂期に当たる彼の治世は民衆を独裁制でなければ治まらないように方向付けられてしまい、それはいまだすっかり終わってはおらず、大きな歴史の裁きを待っていると締めくくっています。
雍正帝の治世を通して、中国の近現代につながる政治情勢を暗示したようにも思えました。

そしてもう一つ。
『雍正硃批論旨解題』という論文も同時に掲載されています。
緒言を興味深く読みました。
著者がどのようにこの研究に取り組んだかが記されています。

中でもテキストの底本としたものが原版でないことが分かったものの、手に入らずにいたとき、何気なく入った古本屋で望む版のものを手に入れたというくだりは・・・運命を感じずにはいられません。
縁ってこういうものなんだなぁ、と思いました。
それから、指導を受ける機会も少ない私のような立場の者にとって、人がどのように研究を進めるのかと言うのは非常に興味があります。

そういう意味で勉強にもなり、人間としての雍正帝の魅力も感じることが出来ました。


スポンサーサイト
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード