スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜそんなことが起こったのか「布礼」(王蒙)

今日は夏休み3日目。うちの会社は7月から9月の間に3日間休みが取れるようになっているので、最後の一日を今日とりました。
無理に合わせた訳ではないんですけど、どうせならってことで、京都に行ってきました。

目的① 四条センターで行われているY先生の講義を聞くこと。
目的② 日ごろお世話になっている先生にご挨拶とお礼。
目的③ 図書館の本を返す。

そういうわけで、朝から京都に行ってました。

今回の講義は王蒙が1979年に雑誌『当代』に発表した
《布礼》(邦訳:ボルの敬礼を)についてです。
この作品が発表された1979年は文革終了直後で、開放から文革終了にいたるまでの内省の作品です。

最初は開放直前の、まだ地下組織であった共産党のありさまです。
地下にあった党員は「布礼」の一言で心がつながることができた、といいます。
それが反右派闘争、文革を経て、良くも悪くも党員は試されることになります。
しかしそれらの障害を乗り越えたとき、再び「布礼」という言葉で心を通わせることができるようになった・・・・と、要約すればそういう作品です。

「なぜこんなことが起こったのか」・・・つまり、反右派闘争や文革、そのときの個人の身の処し方(思想改造など)はどうして起こってしまったのか、という王蒙に対するY先生の問いかけです。
それにたいして王蒙は作品の中で「こうするより仕方なかった」という答えをだし、最終的には共産党の政治は正しいと言っています。

いろいろと背景を知ると王蒙という人は非常に現実的な人だと思います。
彼自身、1956年に『組織部に若者がやってきた』という作品で理想と現実の差を表に出してみたところ、反右派分子として労働改造をする羽目になりました。
(「羽目になった」という表現が正しいかどうかは分かりませんが)
そういう経験をしているから、最終的には結論を〈正しい党〉というところに落としどころを持っていった・・・と言うようにも見えます。

今回、Y先生の目を通して王蒙の「布礼」を総括すると、

①毛沢東時代への内省
②被害者の視点
③民衆の不在
④永遠に「正しい党」という神話に下駄を預けた責任放棄

・・・ということになるそうです。
この時代に書かれた作品の「限界」であるとも言っていました。
しかし、その後10年で内省をすることもできなくなりました。
第2次天安門があったからです。

王蒙は巴金より年が30ばかり若いですが、いろいろと比較すると巴金を知る手がかりも見えてきそうです。


スポンサーサイト

中国言語文化研究会(於:佛教大学)

今日は研究会があって2年ぶりの京都でした。
研究会のお題はは
1.宋代の生産力水準
2.民族観光を通してみる中国
3.在外研修報告(中国・上海・復旦大学)

この3つでした。

1.は東洋史学科の大学院生のかたの発表でした。
宋代の長江下流の稲作の生産力について高校の教科書の見解をベースにして認識の変化を考察したものでした。

2.は大学の講師の先生が母校である東北大学で行っていた研究の一部の発表でした。
少数民族の文化を観光化したことのメリット・デメリットについての考察でした。
私は日本の観光地との比較はどうなのかな、と思いました。
先生が取り上げられたのはハニ族の文化についてでしたが、集落の家を伝統的なものに改築させたり、行事を観光客に見せたり・・・日本で言ったら、白川郷などは成り立ちは違っても似たような問題点があるのではないかと思いました。

3.は昨年度1年間上海の復旦大学に留学されていた本学の先生の留学報告でした。
先生は戊戌変法維新の時代がご専門ですから、その時代の資料の現地調査と中国各地にある関係する人物所縁の地を訪ねたことの発表でした。

久しぶりの研究会でしたが非常に楽しむことができました。
御大は相変わらずお元気で、活発な議論を展開していらっしゃいました。
そして地に足の着いた・・・実体験に基づいた調査を重要視されていらっしゃいました。
史学科の院生の方は中国文学の研究会にあって新鮮さがありました。
また、観光の研究を発表された先生の内容も文学や言語学に慣れたものにとっては、とても新鮮でした。

2年ぶりの大学でしたが、覚えていてくださった先生もいらっしゃって・・・怠け者の学生である私は身が縮む思いがしました。
でも、思い切って行ってみてよかったです。

休みがあるとすること

今日から3連休。今日はかなり暖かくなり「来週あたり桜の見ごろでは」という予報も現実味を増してきました。
ついこの間までは「まさかそんなに早くないでしょ?」という感じだったのですが。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものです。

でも、初日の今日は家で片付けの数々とお花見に備えていなりずしの予行練習(普段はあまり作らないので、本番で失敗しないため)、あとは9月の復学に向けての準備に取り掛かりました。

まずは家の片付け。
押入れの中に突っ込んであった子供が小さかったときのおもちゃとか、小さくなった洋服だとかが捨てられずにとってあったのですが、特に思い入れのある一部を除いて処分しました。
中でも多かったのが野球やサッカーの応援グッズ(笑)
メガホンはドラゴンズは言うに及ばず、ヤクルトのものまで出てきました。
相棒がヤクルトファンなので、出てきても不思議ではないのですが、いつの間に・・・という感じです。
おそらく子供にかこつけて購入したのではないかと思われます。
そんな父親の思惑にも負けず、ドラゴンズファンに育ってくれたことは同慶の至りです。
結局、川上のサインが印刷されているメガホンを残して、あとは処分。
(このあたりに母親の検閲が入ったことがうかがえます。ヤクルトのメガホンは旦那の物入に返却)
数ヶ月ぶりに押入れの中のものを出して湿気を飛ばしました。

そしてお花見弁当の予行練習。
これは我ながら良くできました。ただ、私はあまり繊細なほうではないので大きく作ってしまいます。
今回も揚げにご飯をきっちり詰め込んでしまい、2個も食べたらお腹一杯、というくらいのものが出来てしまいました。
子は「こんな大きいの見たことない」とか文句を言っていましたが、今も夜食につまんでいます。
出来合いのものよりも甘さ控えめのあっさり味になり、大きさの割には食べられるようで成功です。

そして大学に戻る準備として図書館の新規登録やら論文検索サイトを見たりしていました。
これまでの怠け具合が分かろうって物なのですが、いつの間にか大学の図書館のサイトが充実していました。
休学中で学生証を返却しているので、使えるのかどうか確かめていないのですが、いざというときに使いこなせるようにこまめに閲覧したいと思います。
それからCiNiiのサイトも久しぶりに閲覧して使い方を確認したりしました。
結果的に2年近く大学のほうは放置していたことになってしまったので、ぼちぼちと確認、確認。
ついでに四条にあるサテライトのセンターの講座を見ていたら、御大の講義が毎週行われていました。
しかし残念ながら毎週火曜日のお昼間の講義。
いくらなんでもこれを受講するのは無理なので、タイトルだけ見て楽しみました。

一旦遠ざけてしまったものを、また手元に戻すのはなかなか大変です。
でも改めて始めてみると新鮮な気持ちもしてきます。

お掃除も終わったので。

大掃除も終えて、ちょっとのんびりしています。
今日は紅白を見るつもりをしていたのですが、じゃんけんで負けて(笑)とある裏番を見ることに。
正直、全く興味が無いので普通に大晦日を過ごすことになりそうです。

で、ぼちぼち来年に達成すべきものを書き出して。
それにかかるであろうお金を書き出して。
ちょこちょこ計画を練っていました。

まず、仕事としてはVBAを習得したいというのがあるので、スクールにかかるお金を計算してみました。
1講座8万ということなので、これは毎月貯蓄に回している分を崩して当てようと思います。
差額分は何とかするとして。
次に中国語。
毎週通っている中国語は会話中心なので普段は音読を中心に勉強しようと思います。
以前通っていたスクールのテキストで遣り残してあるのがあるので、それを改めて取り出すことに。
それ以外にも、多分忘れているので改めてやり直してもいいかな。
多分、これまでにやってきたものを全てやり直せばだいぶ力になると思う。
結局、語学は積み重ねだと思うので。
それと以前あげた問題集。
これ以上は多分出来ないと思います。

そして精神的に余裕が出来たら、また京都に行こうかな。
最近、大学の情報を見ても、中文の先生の名前を見ることが少なくなりました。
多分講義を聴講しなければお会いする機会が少ないのではないかと思っています。
あとは研究会も。
やりたいことは山ほどあるのですが、子供の様子を見ながらなのでどれくらい達成できるのかは未知数。

しかたない。こういう時期だと思って焦らないことにします。


中国言語文化研究会 会報

今日は年に1回発行される大学の「中国文化研究会」の会報が届きました。

論文の題名は次のとおりです。

士大夫にとっての科挙-唐代の散文に見える意識― (岡本洋之介)
王蒙「組織部来了個年軽人」に描かれた「官僚主義」について (近藤正義)
魯迅の「無治主義」について (丸尾勝)

海外研究報告として李冬木先生が「ハーバードでの一年」をお書きになりました。
哈佛燕京研究所での研修についてかかれてありました。

訳注として姜白石詩譚注稿。

秋の研究会は来週の土曜日です。
でも今年はいけません。
今日は学校で第2回の進路説明会がありまして、いろいろ気ぜわしいのです。
私立の入試は2月の頭。
それまでは仕方ないです。


プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。