スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月に

息子も予定ではあと半年で卒業。
社会人にもなれば、なかなか旅行にも付き合ってくれないだろうと思って、11月に上海旅行を企画しています。
初訪中以来、28年ぶりの上海です。当時はまだプートンあたりは開発がされていなかったと記憶していますし、国際空港は虹橋空港だけでした。
南京路と外灘、豫園くらいしか歩かず、よく覚えているのが和平飯店のコーヒーショップでコーヒーを飲んだことくらい。
なぜか上海大廈の建物が印象に残っています。

今回の第一の目的は巴金故居に行くこと。
それから、虹口あたりで魯迅や左聯ゆかりの地をみること。
フランス租界を散策すること。
外灘あたりの建物をみること。豫園を訪ねること。
二泊三日の最短期間の旅行ですが、なるべく効率よく回って、なおかつ北京のように一人でも行けるように土地の雰囲気を感じることが目的です。
そして少しは中国文学の世界に近づくこと。
仕事が軌道にのって、時間の自由ができたらまた勉強を進めたい。その準備の一環として、今回の旅行は存分に楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

お盆休み最終日

今日は父の新盆の法要。弟夫婦と私たち家族、母と5人で参詣しました。
最後のご住職のお説教が長すぎてみんな気が抜けた。漫然とダラダラと続くお話を聞くに及び、このお説教を我慢して聞けないのは自分に余裕がない証拠だと思うほど、どうかしていました。お昼を浜木綿という中華料理屋で食べて解散。

先日、お友達が懐かしい写真をあげていたので、私も真似てあげました。何かと言うと1989年の3月に行っていた北京留学の写真。
私は中央民族学院に行っていたのですが、その時の修了証と学生証・北京の街を闊歩するための定期。
この定期でバス・当時はトロリーバスもあったのですが、それから1号線しかなかった地下鉄を乗り回したものです。
今から地図を見ると、民族学院から王府井までかなりあるのですが、よく午後から行っていたな。今よりもずっと交通の便も悪かったのに。
一つの後悔は街の写真をもっと撮っておけばよかったということ。
中国なんて世界遺産の宝庫なのだから観光地で撮った写真などは今でもなんら変わりなし。
写っている人間が若かっただけとなってしまっていました。
あの国は街の変化が面白いのだから、本当に惜しいことをしました。当時の北京駅や首都空港。あぁ、当時に戻りたい。

久しぶりの投稿です。

本当に久しぶりの投稿です。
ネット上のおつきあいがSNSになり、ブログは全く書かなくなりましたし、ブログ巡回もしなくなって久しいです。
正直、フェイスブックやツイッターといったものの方が投稿も簡単です。
でも今回、PCを新しくしたので、久しぶりに自分のブログを覗いてみたところ懐かしい自分がそこにいました。
記録に残すということは大事なことなんだなぁ。
この場を放置して以降、ワタシを取り巻く環境も大きく変わっていることにも気づかされました。

あけましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくおねがいします。

あまり更新されない当ブログですが、今年もご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

年越しの事件

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨晩、ムスコから「帰りの夜行バスに乗り遅れそう」との連絡がありました。
朝、バスがつくころに迎えにいこうと思っていた私は半分うとうとしながら紅白をみていましたが、その電話でいっぺんに目が覚めました。

乗り遅れたら、どうするつもり?、と聞くと。
駅で夜を明かして始発で帰る、という返事。

そこまでは判断できているみたいだけど、少し慌てているみたいだったので、こちらからバス会社に電話をしてバスの出発状況を確認しました。
すると残念ながら、すでに出発していました。
経由地もないことから、もうバスは諦めなければいけません。

再度、電話をしてお金に余裕はあるのかと聞くと、「ある」という答えだったので、以前泊まった事のあるビジネスホテルに電話をしました。
そうしたら幸運なことにシングルだったら2部屋空いているとのこと。
値段の確認をして内容をメールしました。

「前に泊まったホテルに2部屋空きがあるらしい。できればちゃんとしたところで休んで、明日朝ゆっくり帰ってきなさい」

そのメールを見た息子たちはホテルに行き、無事にチェックインを済ませたとの連絡が入りました。

・・・あぁ、とりあえず一安心。。。というところで紅白も終わり年が明けていました。

新年しょっぱなからやらかしてくれたムスコ。
なんだか、今年一年を暗示しているような・・・という考えを振り切って、今年も一年頑張りたいと思います。
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。