スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女と銃と荒野の麺屋

就職活動をするために、有給をぼちぼちと貰い始めています。
休みと言っても、ほとんどフルで動いているのですが、会社にいるときよりも疲れが少ない。
自分の意思で動いているのは精神的に疲れないのかな。
先は見えないけど、精神的に安定しているのか今朝は朝1で映画に行ってきました。

見た映画は「女と銃と荒野の麺屋」(http://www.kouya-menya.jp/)
監督は張芸謀です。

舞台は中国大陸、荒野の中にある麺屋です。
ケチで乱暴な主人、若いその妻、妻と不倫をしている従業員、そのほかに男女の従業員と警察官一人、の6名だけです。
警察官がキーマンなのですが、ほとんどしゃべらない。
演技(行動)だけで物語がどんどん進んでいきます。
そもそも、ことの発端は妻が拳銃を外国人から購入したこと。
これをめぐって、主人が「自分は殺される」と疑心暗鬼になります。
その上、妻の不倫のタレコミまであったので、それを報告した警察官に頼んで二人を殺させます。
お金に目がくらんだ警察官は別の行動にでます。
それを発端に登場人物たちは自分達の思い込みで自ら自滅していくのです。

こういう心理って日常生活にも普通にあるのではないかと思います。
さすがに、ここまで極端ではないと思うけど、自分で自分を縛り付けて判断できなくなることは間々あります。
だから、「恐怖」のスケールは違うけど身につまされる気がしました。

映像は張芸謀だけあって、ひじょうに綺麗でした。
荒野と空の色のコントラスト、影を使って時間の推移を感じさせ、麺を打つときのアクションも華麗で楽しめました。
これって、原作が他にあるみたいだけど、非常に冷静で客観的な視点で人の心理の弱点を突いている感じがしました。
その冷静な目と言うのは「警察官」の目を借りているようだけど、彼も結局人間で、ずるずると取り込まれていく様が面白かったです。
そこにいくら物事を冷静に「分かったこと」のように見ていても、所詮、あなたも同じ人間、と言われていうような気がしました。
この辺が私は好きです。

こんな書き方をすると救いようのない顛末です。
ストーリー的に、最後に笑うのは誰か、ってことになるんでしょうけど、設定されてないような気がしてなりません。




スポンサーサイト

???で本を購入してみました【届きました】

かねてから、チャレンジしていたアマゾンでの本購入。
注文がとおったことで喜びもありましたが、手元に届くまでは安心できず、何度も貨物追跡履歴をチェックして到着を待っておりました。

荷物はユーピーエス(http://www.ups.com/asia/jp/jpnindex.html)という輸送会社が請け負っていました。
それによると、北京を出た荷物は上海にとび、さらに中国国内の一箇所を経由して、韓国はインチョン空港へ。
それから大阪に入って我が家へ、という旅行だったら最高!というルートを通ってやってまいりました。

実は先週の金曜日には我が家に届けてくれていたようですが、あいにく不在。
ポストに入っていた不在者票には次にくるのは月曜日、と記されていました。
宅急便だったら、連絡したら希望の時間に届けてくれるのに、とちょっとびっくりしました。

でも、そこはよくしたもので残されていた不在者票に次回も不在の場合はどうすればよいかを指示する欄がありました。
今回の荷物はポストに入る程度でしたので、ポストに入れるの欄にチェックをつけ、念のため「ポストに入らない場合は玄関先に置いておいてください」とも書き添えました。

帰ったらポストに荷物が入れられ、改めて不在者票も添えられていました。
備考欄に「郵便受けに入れさせていただきました」というメモも添えられていました。

本は簡単な緩衝材に包まれ、ビニールの運送会社指定の袋に入れられていました。
納品書を見ると、書籍代26.60元と郵送費170元が請求されていました。
クレジットの明細を見ると、そのときのレートで12円/元くらいで日本円に換算されて請求が入っていました。

送料が半端なく高いですが、日本の取次ぎの本屋さんに頼むより断然早いですし、日本円に換算して、今回は1冊2400円程度。
値段的にもあまり変らないように思います。
アマゾンなので、選びやすいですし、比較的良い買い物ができたと思います。

その後、アマゾンからはダイレクトメールが頻繁に届きます。
今、日本で中高生が好んで読んでいるライトノベル(アニメの原作にもなっている)も中国語に翻訳されて売られているのを発見。
そのリンクを開いて息子に見せたら、興味深く覗き込んできました。

亚马逊で本を購入してみました【成功した・・・?】

先日、アマゾンでの購入に失敗したあと、ためしにもう一度同じ手順でやってみました。
(失敗したときに自動配信mailでは原因が分からなかったため)
もう一度やってみて、それでも撥ねられたら無駄な努力はやめようと思い、最後の一回のつもりでした。

そうしたら・・・通りました。(何故?)

5月2日(今日)発貨されたとのmailが届き、6日には届くとのことです。

何度も言いますが、何も変えていません。
クレジットも前回のままだし(当然)
他の支払い方法が選択できないので(現金支払いは当然駄目。中国で銀行口座を持っていませんのでそれも駄目)変えようがありません。

届いたら、またお知らせします。

亚马逊で本を購入してみました【その後】

アマゾンで本を購入することにして注文受付のメールが届きました。

・・・が。

結局、以下のような自動配信mailが届きました。

『尊敬的客户:

您好!感谢您的订购。

非常抱歉,您的订单选择了海外航空快递/海外标准服务,使用这种送货方式需要客户在订单中填写英文姓名和英文的具体收货地址。由于您留下的收货人姓名和收货地址为中文,导致订单无法发货,订单已经为您取消,支付款项已经退回您的帐户,请您重新订购并使用正确的英文地址姓名等信息,订单生成后我们会尽快为您安排发货,为此给你带来的不便请谅解!』

このmailに返信して問い合わせようと思いました。
そこで、もう一度、アマゾンにアクセスして注文状況を確認しました。

すると、また同じ文面のmailが飛んで来ましたので、自動配信mailと分かりました。
結局、数日後注文は削除されていました。

支払いをクレジットにしていましたので、確認したところ、元立ての請求ではなくレートで換算され円で請求が一旦されて、その後相殺されていました。

そういうわけで、今回は失敗の巻、でした。
また、方法を考えて再チャレンジするとします。

亚马逊で本を購入してみました【注文まで】

日本のアマゾンは何度も購入したことがありますが、中国のアマゾンは支払い方法に不安があるので今まで利用できずにいました。
今回、アメリカのアマゾンを利用したことがあるという、同僚に教えていただいて中国の亚马逊に挑戦してみました。

卓越亚马逊 ( http://www.amazon.cn/)はこちら。

まず、トップページを開き、ログインします。
別でアカウントを取らないといけないのかと思い、日本のアマゾンで登録しているメールアドレスで新規登録を試みたところ、「既にこのアドレスは登録済み」と蹴られてしまいました。
ためしに日本と同じ登録アドレスとログインパスワードでログインしてみたところ、すんなり入れました。

その後、目的の本を選んでカートにいれ、決済の画面に進みます。
決済方法ですが、中国の銀行からの引き落としか、クレジットカードでの決済になりました。
私は中国の銀行に口座を持っていないため、クレジットカードの決済を選択。
価格は元で表示されるため、おそらく決済の際のレートでクレジットカード会社から請求が来ると思われます。

郵送方法は通常と快速が選べます。

今回購入したのは 余華の『兄弟 上』
送料込みで182元。(本体は12元)
(この作品は泉京鹿の翻訳で日本語版が出ています)

ちなみに日本の本屋を通して購入すると日本円で1400円(送料込)くらいでした。・・・って~と、1元で7円切らないとお得にならない・・・。(参考:東方書店)

本の到着とクレジットからの請求は、後日また報告いたします。

【ちょっと後悔】
試すだけのつもりでやっていたので、一冊しか買わないつもりではありましたが、「兄弟」を選んだ時点で、何故下巻を一緒に頼まなかったか・・・。読めたら頼みます。その前に中国で購入した本も読まねばなりません。
プロフィール

piaopeng

Author:piaopeng

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。